1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


Category: 東日本   Tags: ---

旅立ちJR北海道号

1 5のコピー

30年前の今日、国鉄最後の日。
昼過ぎに上野駅14番線に行くと、どえらい騒ぎになっていて、ホームの末端部は既に人でびっしり。
仕方無く13番線側の人と柱の間から、ゆっくりと入線する「旅立ちJR北海道号」を撮影した。

車両は滅多に東京に来ない、盛岡区のお座敷客車「ふれあいみちのく」で、牽引はEF58-89。
カマと客車両方に特製のマークが掲げられていて、列車が停止すると東京方末端部では、マニアたちの仁義なき撮影争いが勃発。
罵声や怒号が飛び交う中、何とか1枚でも…と手を伸ばしてシャッターを押すも、ISO400のフィルムにMF一眼機では、まともなカットなど撮る事が出来ませんでした…。
そのうち、誰かが押されてホームから落ちてしまったのか、それを皮切りに堰を切ったように次々とホームの下に下りて撮影する人が続出し、衝撃的な光景を目の当たりにした事を未だに覚えている。

この後、人混みを掻き分けて何とか先頭のパックまで辿り着いたものの、そこでもまともな写真は撮れず仕舞いでした。
そして出発セレモニーが行われた後、13時30分、旅立ちJR北海道号はゆっくりと札幌を目指して上野を後にしていったのでした。

この後は16時43分に東京からお座敷列車「山編成」を使用した「旅立ちJR九州号」が出発するのでしたが、当時、義務教育中の身分だった自分は日没過ぎまで外をふらつくことなど許されず、無念の帰宅。

この夜は、NHK含む民放各社が挙って「さようなら国鉄」の特番を組み、午前0時のJR誕生の瞬間を汐留や高崎、梅小路などから中継する映像を自宅で見ておりました。

1 4のコピー
▲1988.4.10 JR1周年記念の田端運転所一般公開時に撮影。

最後の日に撮る事が叶わなかったパックの旅立ちJR北海道は、翌年の田端で開催されたイベント時に撮る事ができました。
そしてEF58-89は1999年に引退してその後、鉄博入り。
ふれあいみちのくも2002年に廃車されて現存しておらず、改めて30年という月日の長さを実感いたしました。

【関連記事】
EF58  61+江戸「ジョイントジャーニー号」


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

03 31 ,2017  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top