1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


Category: 陸送 > 【陸送】海外車両   Tags: ---

臺中捷運綠線首列電聯車遊行

DSC_1745のコピー

2020年に開業予定の台中捷運緑線(グリーンライン)の第1編成2両が、2月5日、台湾の台中港に陸揚げされた。
車両は川重製で通関手続などを経た後、2月12日に、なんと白昼堂々と台中市内35キロの道のりをパレードしたのである。

陸送ルートは、台中港から中二路、向上路、五權西路、文心路、北屯路、松竹路を経て運抵北屯機廠(車両基地)へと至る、現在建設中のグリーンラインにほぼ沿ったルートで、途中、大新國小と四維國小では市民へのお披露目が行われた。

初めは小学校側の路肩に寄せて見せるのかと思ったら、なんと4車線のうちの3車線を規制して、そこにどーんと停車して四方から見せるという大胆さ。
もちろん、車両に邪魔な養生などは一切無い。改めて台湾の懐の深さに感動と衝撃を覚えた。

DSC_1764のコピー

会場では大勢の市民が集まり、合わせて太鼓による演舞なども披露され、僅か30分間の停車ながらも大盛況であった。

DSC_1794のコピー

写真左端に写っておられる青いヘルメットの方、もしやと思い話しかけると、案の定、川崎重工の方であった。
もう1両もパレードするのかと訪ねてみると、残念ながらこの1両のみとの事。

四維國小を13時に出発すると言うので、次のアングルへ移動することにした。

2017.2.12 台中市 四維國小前 

【関連記事】
 花連車站
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 13 ,2017  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top