1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


Category: 東日本大震災   Tags: ---

東日本大震災から5年半

DSC_8422.jpg

BI1V8171.jpg

BI1V8181.jpg

BI1V8178.jpg

BI1V8153.jpg

DSC_8419_20160817090813f02.jpg

倒れかけた標識、折れた遮断棹、歪んだ線路。
JR富岡駅構内は枯れ草に覆われ、僅かに残るホームの土台だけが、かつて駅だったことを感じさせる。
町並みは有れど人の気配は無く、野生動物が蔓延(はびこ)る。
宮城や岩手の被災地に比べて復興が遅れているのは、やはり原発事故の影響か。

富岡町、双葉町、浪江町の一部は2016年9月現在も帰還困難区域に指定されている。
JR常磐線は、本年末に相馬〜浜吉田間が、来年には小高〜浪江間と竜田〜富岡間、そして2019年末迄には残りの富岡〜浪江間が運転再開し全線復旧となる予定で、現在は除染・復旧工事作業が行われている。

走行注意を喚起する看板に貼られた「富岡は負けん!」という言葉に、原発事故と対峙する住民たちの強い意志を感じた。


2016.3.15 福島県富岡町・双葉町・浪江町 

【関連記事】
東日本大震災から5年3ヶ月
隧道を行くスーパーひたち50号

スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

09 11 ,2016  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top