1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


Category: 東日本大震災   Tags: ---

原ノ町の651系スーパーひたち

BI1V8230のコピー

2011年3月11日14時46分、南相馬の町を震度6弱の大地震が襲った。
折り返し15:09発上野行き「スーパーひたち50号」となるはずだった651系K202編成は、この地震で常磐線が全線で運転見合わせとなり、原ノ町駅に抑止となった。

さらに追い打ちをかけるように襲った大津波。最大17mの波が南相馬の沿岸部を襲い、そして福島第一原発事故により、常磐線では広範囲に渡り運転不能な区間が発生したため、以降、5年間に渡ってK202編成は原ノ町駅構内に留置されることになった。


BI1V8200のコピー

5年もの間、メンテナンスもされずに放置された車両の痛みは激しい。
白い車体には幾筋もの縦縞の汚れが付着していた。

BI1V8207のコピー

行き先方向幕は「スーパーひたち上野」が表示されたまま。
車内の座席に掛けられたモタレも当時のまま。5年間、時が止まっているかのよう。
外板の痛み具合だけが、時間の経過を物語っている。


BI1V8212のコピー

BI1V8227のコピー

いよいよ常磐線は今春、小高〜原ノ町間が復旧され、年末までには相馬〜浜吉田間が復旧予定である。
北部の線路が繋がることから、オンレールで651系や415系が郡山に向かうのかと思ったが、それを待たずして解体されることになり、搬出・陸送された。

2016年3月15日 常磐線 原ノ町駅 

【関連記事】
峠を越える常磐線

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

04 03 ,2016  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top