1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


Category: 陸送   Tags: ---

消えゆく陸送撮影のお立ち台

陸送撮影のお立ち台と言って思いつく場所はどこでしょうか。
通な方なら、直ぐに「歩道橋」と言うワードが出て来るかと思います。

何と言っても、安定して被写体を狙うことが出来る場所であり、被り対策にも非常に有用なツールで有ることは間違い有りません。
鉄道車両の陸送といえば、主に夜間の撮影。
アイレベル以下のアングルだと、ヘッドライトに起因するレンズへの光暈やゴースト発生の懸念が有りますが、歩道橋上からならば、その心配も無くなります。

かと言って歩道橋アングルばかりだと単調な写真になってしまうので、時には斜に構えたり、ズーム流しや光跡バルブなどで撮影すると表現の幅が広がります。

 また、歩道橋には地名表記や案内標識が掲げられていることが多く、逆に歩道橋と絡めて撮る事も有るでしょう。
特に嵩の有る車両が桁下の低い歩道橋をギリギリの高さで通る時などは、誰もが一度は狙うシーンでは無いかと思います。

前置きが長くなりましたが、この「お立ち台」が、いま、少しずつ姿を消しつつ有ります。

BI1V8082.jpg

3月6日未明、東京都内でまたひとつ、歩道橋が姿を消しました。
明治通りに架かっていた田端新町一丁目歩道橋。
予め階段部分と主桁はクレーンで吊った状態で溶断されていて、道路の規制開始とともに撤去作業が開始されました。

BI1V8086.jpg

多くの作業者が見守る中、主桁は想像していたよりもあっさりと撤去されていく。

BI1V8096.jpg

主桁は路肩に確保された仮置き場所まで運ばれて、さらに溶断される。

BI1V8117のコピー

溶断部分の裾隠し板が1枚ずつ取り外されていく。

BI1V8124のコピー

主桁が仮置きされると、すぐに溶断作業が開始されました。
規制時間は30分間でしたが、実際には仮置き場所に主桁が下ろされるまでの、ほんの数分間で、すぐに規制は解除となりました。

都内では既に原宿駅前の表参道歩道橋や、目黒の権之助坂歩道橋など、有名な歩道橋が撤去されております。
撤去基準は、日中の利用者が200人以下、付近に横断歩道が有る、通学路の指定が無いとのこと。

60年代、交通量の増加とともに急速に設置された横断歩道橋は、老朽化に加えて、少子高齢化が進み利用者が減少、無用の長物となりつつ有ります。
東京都に限らず、現在、全国的に行われている歩道橋の撤去。
これは、我々にとっては死活問題であり、是が非でも喰い止めたい事案です。
撮影時にいつもお世話になっている歩道橋が、少しでも長く残りますように、また、健康のためにも今後は出来る限り歩道橋を利用して行くようにいたしましょう☆

【歩道橋関連記事】
新幹線マルタイ陸送#2
伊予鉄陸送〜工事中の歩道橋〜
橋本駅前を行く変圧器輸送部隊
深夜のグランクラス〜E7系F7編成12号車陸送〜
リンボー歩道橋
SLを運ぶ。〜49671号機陸送〜
凍える夜のグランクラス
歩道橋をくぐる、はやぶさのパンタグラフ。
雨の夜の陸送
初代新幹線0系、大阪からさいたま市の博物館へ【深夜の陸送 後編】
Z71編成1号車を撮る。


スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

03 06 ,2016  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top