1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


Category: 陸送   Tags: ---

雪の日の陸送

DSC_6095_2016012921222381f.jpg

雪国における鉄道車両陸送は天候を問わない。
気温は氷点下。
路面はガチガチのアイスバーン。
E6の赤を消すほどに容赦無く車体に叩きつける吹雪。
Z6編成は、このような気象条件の中で運ばれた。

DSC_6355.jpg

雪晴れの大船渡の町を行くのは三陸鉄道の新車。
E6系Z6編成からの転戦だったが、こちらも引けを取らずの道悪な中での陸送劇だった。
新潟からの道中に掛けられていた養生カバーは、ここに到着して剥がされ、堂々とお天道様の下、盛駅構内に搬入された。
まさか日が昇ってから搬入場所へ移動するとは露知らず、はるばる大船渡まで来て良かったと感慨無量の東北遠征でした。

DSC_4457.jpg

新潟で行われたJR四国の1500形気動車陸送。
みるみるうちに降り積もる雪に、恐怖さえ感じた。
最初は傘を差しながら撮影をしていたが、降りは激しさを増す一方。
途中でやけくそになり、傘を投げ捨ててレールオンまで跨線橋のフェンスに齧り付いてやったのを覚えている。
それにしても雪国の職人は強い。。。

陣屋町2012_760

爆弾低気圧が北海道に居座り、最低最悪のコンディションで行われた作業。
都内ならば、まず間違いなく延期になるであろう状況下で行われた一連の作業に、極寒の地で働く者達の意地と誇りを見た。
気温は優に氷点下10度を下回り、手袋をしている手の感覚は殆ど無し。
凍傷も辞さない覚悟で朝から日没までシャッターを押し続けた。

この後も降雪は更に激しさを増し、もはや吹雪でピントも満足に合わせられない悪天候に。
室蘭育ちの方でさえ、過去、こんなに降ったなんて記憶が無いと言わせた程の大雪の中での陸送だった。


さて、今宵の東京地方は明け方にかけて雪の予報。
果たして、雪景色の陸送風景を見る機会は訪れるのでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

01 29 ,2016  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top