1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


Category: 海上輸送   Tags: ---

空から瀬戸内海を見てみよう。

BI1V8892.jpg

博多での500系陸送撮影の帰りの便は、左手窓側の席を確保した。
これは勿論、10月末のG24編成海上輸送の下見を兼ねての事。
曇っていたら全て無駄になってしまう所だったが、幸いにも当日は快晴。
美しい瀬戸内の島々を眼下に望むことが出来た。

FUKを離陸した便は、大分県の国東半島を掠め、伊予灘上空から山口県の周防大島町上空に達する。
見えてきた大きな島は屋代島。写真中央下部の小島が大水無瀬島、その上が沖家室島だ。


BI1V8896.jpg


しばらくすると今治市上空に差し掛かり、西瀬戸自動車道(しまなみ海道)の全景が望める。
手前が四国側で来島海峡大橋から順に大島、伯方島、大三島、多々羅大橋、生口島、因島、向島を経て広島県尾道市に至る。
「電車を撮ろう。」のロゴの下辺りが尾道市街となる。


BI1V8899.jpg

BI1V8901.jpg

しまなみ海道の次は、あっという間に瀬戸大橋上空に差し掛かる。
こうして上空から見てみると、本州と四国ってこんなに近いの?と思ってしまう。
海上輸送を撮る時のお立ち台も、ちゃんと上空から確認できました。


BI1V8906.jpg

航空機は小豆島から淡路島上空を経て大阪湾上空へとやって来た。
左が淡路島で明石海峡大橋が見える。
右上に突き出た島が、ポートアイランドに神戸空港、六甲アイランドと続く。


BI1V8910.jpg

いよいよ海上輸送ルートのハイライト。
手前が関西国際空港、上方に先ほどの神戸空港が見え、右手の方に淀川、そして大阪の町並みが見える。
この後、機窓からは伊豆半島辺りまで景色を望むことが出来たが、そこを境に雨雲に覆われ、HND着陸時には小雨が降っていた。

2015.10.16 SKY012便 

【関連記事】
700系瀬戸内海海上輸送
船と飛行機と新幹線


スポンサーサイト

テーマ : 海のある風景    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

11 08 ,2015  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top