1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

N700系1000番台G22編成1号車陸送

BI1V2894のコピー

草木も眠る丑三つ時。
岩屋観音の頂に立つ。
最初、どこから登って良いのかわからなかったのだが、ライトを頼りに登り口を探してみると、お堂の裏手の方に申し訳無さそうな、地味な参道があった。
真夜中の寺の境内は独特の雰囲気があってなかなか良い。
神頼みはするが、お化けは信じない。故に「怖い」という概念もない。
人がひとり、やっと通れるくらいの急峻な参道…というより、足場はゴツゴツした岩場で登山道と言った感じか。
その狭い道の両側や境内にはたくさんの仏像が立ち並び、ライトに照らされたそれらが、暗闇で笑顔を浮かべていた。
真夜中の寺に来たことを歓迎しているのか、それとも彼岸の世界に誘っているのか。。。

ライトが無ければ間違いなく足元は漆黒。しっかりした靴でなければ、登るのは難しい。
そんな道を、三脚を担いで登る。
登り始めて、ほんの数分で視界が開けた場所に出られる。

初めて来た場所だが、見晴らしはかなり良い。
なんせ、守下の交差点から東八町辺りを走行する青ランプさえも、ここから確認出来るほど。
建物の影から、時折り青ランプを光らせて、徐々に国道1号線をこちらに向かってくるのが見える。

やがて、先導車が眼下を通過すると、続いてG22の1号車が、ゆっくりと東海道新幹線の跨線橋を通過していった。
その先、ラウンドワン前での点検停車から、更に浜名バイパスへ向かって、ゆっくり遠ざかっていく車列を見送り下山した。

夜景バルブとトレーラー通過時の写真を比較明で合成。

2015.7.30 N700系G22編成1号車 

【関連記事】
N700A G10陸送#2

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

08 13 ,2015  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top