1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 07 2014

Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

夏休みの絵日記

DSC_4844-2のコピー

7月29日(火)はれ

きんじょの工じょうから、新かんせんが道
 足各 をはこばれると聞いたので、みんなで夜中に見に行きました。

いつもはとっくにねてる
 日寺 間だけど、目の前をゆっくりと走る新かんせんを見たら、ねむいのがどこかへふき飛んでいきました☆彡

トラックではこぶ新かんせんは、とてもはく力がありました。

あと、夜中なのにおじさんたちがいっぱい写しんを取りにきていて、こわかったです((( ゚д゚)))コワー






【関連記事】
新幹線を運ぶ。〜横浜SBS編〜



スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 31 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

マニ50+マニ50+マニ50+マニ50!

36 4


いつ撮影したのか全く覚えていないのですが、試客にマニ50がたくさんぶら下がってきた時が有りました。
カマはEF65-1102で、次位に伴走車のマニ50、更に出場車のマニ50-2191+MOTOトレイン用マニ50が2両。
たまたまマニ50の出場が重なり、こんな珍しい編成が実現しました。

MOTOトレイン、気がついたら無くなっていた列車でしたが、実は1回だけ乗ったことが有ります。

36 2
▲1992.6.19 函館本線函館駅 マニ50-2159へのバイク積込み風景。
後方には日本海に併結の「モトとレール」用マニ50。


夏の恒例行事だった北海道ツーリング。
当時は、東京から北海道へバイクで行く手段としては自走、フェリー、鉄道と豊富にあり、この年は東京から釧路へフェリーで渡り、帰りに函館からMOTOトレインを利用して帰ってきました。

函館〜青森間は臨時「海峡号」として運転し、青森〜上野間は急行「八甲田」に併結されての運転で、八甲田は14系座席車なのに対し、MOTOトレインの利用者には14系寝台車が充てられました。


【関連記事】
客車廃回


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 26 ,2014  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】モノレール・新交通・路面電車   Tags: ---

工場街のモノレール

BI1V7620-1_20140726201958be7.jpg

おどろおどろしい雰囲気の工場地帯を陸送される東京モノレール10000系。
この夜は地下鉄銀座線1000系の搬出も有り、楽に陸送撮影のはしごが出来た。
銀座線の時は駐車車両がなくすっきりした画が撮れたが、モノレールの時はトラックが被ってしまった…。

2014.3.4 東京モノレール10000系

【関連記事】
工場街の銀座線

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 26 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

客車廃回

35.jpg

毎度おなじみの試6991レです。
この日の組成も豪華編成でした☆

機関車は☆彡時代のEF81-79号機。
あとに続くのは、マニ50-2191、14系×2、12系×3、14系(座)、14系×2と、なんとも贅沢な車両たち。
長いこと尾久の構内に留置されていたのでしょうか?車体外板は、かなり傷んでおりました。
カマの次位に荷物車を挟んでいるあたり、往年の急行列車を彷彿とさせますが、残念ながら片道切符の廃車回送。

79号機は、この後にカシオペア塗装となりましたが、2011年6月に廃車。
この写真に写っている車両は、全て現存しておりません。


1998.10.12 東北本線 尾久〜赤羽

【関連記事】
EF81-81+マニ50+ゆうマニ+115系
高崎試客珍編成列車


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 26 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

ローズピンクEF81-81

36 7

恐らくJR1周年記念で開催された田端機関区の撮影会だと思うのですが…。
この頃は、まだローズピンクのお召仕様だったんですね。EF81-81。

JR1周年記念号のヘッドマークも懐かしい1988年4月10日撮影(たぶん…)の1コマより。


【関連記事】
マニ30




テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 22 ,2014  Edit


Back to top


Category: 海上輸送   Tags: ---

海の上の新幹線

BI1V3804-1.jpg

海の日ということで、光市内の海水浴場から播磨灘沖を航行するN700系新幹線の写真を。
これが運ばれた時は海開きもまだされておらず、広い砂浜には子供を連れて遊ぶ母娘が2組居るだけ。
肉眼では到底新幹線とはわからない沖合の台船を、陸から超望遠で撮影しました。

行き交う大型の貨物船はパナマ船籍のGLORIA GALAXY号。

波が穏やかな瀬戸内海とはいえ、あんな細い輸送架台に載せた新幹線車両を台船で運べるもんだと感心してしまう。
撮る方からすれば、運搬船に収められて運ばれるよりは、断然こちらの方が面白いのでGOODなのですが…。
運搬船だと、1隻あたりに積めるのは2両。
1編成16両だから、2両×運搬船8隻。
手間と輸送効率とコストを考えれば、これが最善の策ということでしょうか。

2014.6.20
N700系1000番代G15編成①〜⑧号車


【関連記事】
四国から眺める東海道新幹線

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 21 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

☆彡ふたつの流れ星 ’14 ★彡

BI1V5269-2のコピー

会社の後輩が北海道・すすきのから北斗星で帰還してくるという情報を掴み、狙撃をするべく一路、片岡〜蒲須坂の築堤へ。
3年ぶりにカシオペアと北斗星をここで迎え撃つ。
高速道の割引率引き下げと、ガソリン代の高騰で経済的負担が大きいことから、往路は下道を地道に丁寧に走り、エアコンは一切使用せず、平均燃費36.2キロで現地に到着。
大気が不安定という天気予報に大雨を覚悟していたが、幸いにも雨粒は一滴も落ちてこず、寧ろ雲間から青空すら見える程の回復ぶりだった。

すすきの帰りの後輩に、LINEで北斗星の現在地を聞いてみると、当該列車も遅滞なく上ってきているとの事。
朝露が光る田んぼの畦に腰を下ろして待っていると、先行のカシオペアが定刻でやって来た。

カマは樫塗装の510号機。
青々とした田んぼの中を、1つ目の星が流れていった。


BI1V5309-2のコピー

20分後、後輩の乗る北斗星が定刻でやって来た。
ロングレール化された本線上を走る列車は、静かに築堤を駆け抜ける。
カマは512号機。
後輩は5号車のソロに乗っているという。


BI1V5316-1のコピー

北斗星が通過する頃には日差しも強くなり、客車の側面に太陽の光がしっかりと当たっていた。
写真を撮るなら別段問題なかったのだが、この日の目的は、すすきの帰りの後輩を狙撃すること。
予想外に晴れてしまった列車の窓ガラスは見事に太陽の光を反射させ、ターゲットの姿を眩ませていた。
ファインダー越しにターゲットを探してみるも、反射が邪魔をしてどこに居るのか全く見えず…。
それでも、取り敢えずシャッターだけは切り、列車が通過した後にプレビューで確認してみた。
ソロ下段は何とか乗客の姿を確認できるが、上段はガラスが反射して殆ど人の姿は確認できない…。
後で後輩にLINEで確認してみたら、上段に居たとのこと。。。
晴れさえしなければ撃ち取れたはずだったのに…、時として太陽の光は不幸をもたらしてくれる。

こうしてみると、外板の痛みがかなり目だって見える。車齢も相当なもののはず、余命幾許も無いブルトレ客車の痛々しい現実を垣間見た。


BI1V5331-2のコピー

そして、2つ目の流れ星も静かに流れていった。
 
2014.7.20 東北本線 片岡〜蒲須坂


【関連記事】
★彡ふたつの流れ星☆彡
9022レあけぼの

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 20 ,2014  Edit


Back to top


Category: 私鉄・三セク   Tags: ---

日本一長い駅名の駅

36 3

ちょうど15年前の今日、ここに居ました。
夏休み6連休を頂いて、バイクで訪れた九州・熊本。
フェリーで四国・徳島に上陸。
四国の林道を横断して八幡浜から別府へ渡り、憧れのこの駅にやって来たんですが、この年の九州北部における梅雨明けは7月22日でして、この日の時点で、まだ梅雨の最中でした。
ジメジメした蒸し暑さの中、宮地で999塗装のハチロクを撮り、日ノ尾峠の林道を越えて白水高原へ。
付近には駅名の通り天然の水源が点在し、地元のおじちゃんに教えてもらった秘密?の場所で喉の渇きを癒やしました。

1999.7.20 南阿蘇鉄道高森線 南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
DB16+トラ70000+トラ70000+DB16





テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 19 ,2014  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】モノレール・新交通・路面電車   Tags: ---

祝☆東京モノレール10000形デビュー

DSC_3571-1.jpg

先日、羽田空港第2ビル〜昭和島間で試乗会が行われた10000形ですが、ついに本日18日から運行開始となるようです。
3月に搬入されてから四ヶ月。
開業50周年を秋に控え、17年ぶりとなる新車がいよいよデビューとなります。
こうなると、気になる1000形の去就。
今回の10000形搬入は増備扱いだそうで、実際に1000形が落ちるのは、まだもう少し先のようですが、500形塗装車あたりは今のうちから積極的に記録しておきたいところです。


DSC_3748-1_201407171941260e4.jpg

DSC_3705-1_20140717194125509.jpg

しとしと冷たい春の雨が降る夜。
モノレールの新車が昭和島へ陸送された。

2014.3.2〜4
東京モノレール10000形

【関連記事】
踏切を渡るモノレール

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 18 ,2014  Edit


Back to top


Category: 海上輸送   Tags: ---

四国から眺める東海道新幹線

BI1V4016-1.jpg

朝の香川県坂出沖。
四国フェリーの第八十五玉高丸が、N700系新幹線を積んだ台船を追い抜いていく。
新幹線とは縁遠い四国。
その陸地より、遠き沖合を航行する新幹線を万感の思いで眺める。


2014.6.21 N700系1000番代G15編成①〜⑧号車

【関連記事】
N700系1000番代G15編成①〜⑧号車出航

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 16 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

高崎試客珍編成列車

36.jpg

YouTubeには随分前から動画をアップしていた、とんでもない編成の高崎試客です。
この時期は日課のように、平日に仕事が休みの時はバイクでヒガジュウへ行き、試客のチェックをしておりました。
で、いつものようにカメラを準備して、尾久9時29分発の試客を待っていたのですが…。

このところ外ればっかりだった試6991レ。
この日も、どーせマニ50だけだろうな…と、せめてカマだけでもネタガマを期待していたら、9時34分、東十条駅のカーブから見えてきた当該列車。
やけに後ろが長い!
今日は当たりか!?と、望遠レンズで編成を確認して....((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

なんじゃ?今日の編成は??…と訳もわからぬままシャッターを切ったのですが…。
出場試運転とか大宮工場入場車だとかが、たまたま重なったのかと思いますが、もう2度と見られない豪華編成。
試客の組成としても、ベスト3に入るんじゃないでしょうか?

2000.4.3 東北本線 尾久〜赤羽 
試6991レ EF81-100+マニ50-2191+14系+マヤ34-2004+14系+マヤ34-2002+夢空間



ついでに動画も入れておきます。




【関連記事】
マニ30
EF65-1118+マヤ34×2


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 14 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

マニ30

30.jpg
▲試6991レ 東北本線 尾久〜赤羽 2002年ごろ 


マニ30。泣く子も黙る日本銀行所有の現金輸送車。

この日、ふらふらと高崎試客を撮りにヒガジュウへ行ってみたら、カマはお召機のEF81-81☆
さらにマニが2両ぶら下がっている。
晴れると朝の下り列車は逆光となるこの区間。マニ50が2両かと思ったら、マニ30だったという落ちでした。


2002年ごろ、ぴかぴかのマニ30が何故か頻繁に高崎試客に連結されていた。
試客のスジだけに、検査上がりの試運転かと思われるが、それまでほとんど見る機会のなかったマニ30が矢鱈と姿を現すようになった。6両のマニ30の検査周期がちょうど重なったのだろうか?
マニ30が見られたのは嬉しかったが、長年秘匿扱いの車両とされていたマニ30が頻繁に姿を現してしまっては、その存在感も掠れてしまう。。



33.jpg
▲2002.5.22 高崎線 宮原〜大宮 

この日の試6992レに、2週間後に運転を控えた陸羽西線お召のカマが付くと聞いて宮原へ。
試客本務機は、なんとカシガマEF81-89号機。
試客に樫機が入るのでさえ珍しいのに、次位にお召機の送り込みでDD51-842、さらにその後ろにはマニ30。


34.jpg
▲検査表記が「14-5 大宮工」と有るので、出場試運転かと思いますが、それにしても豪華な編成でした。
高崎試客は、たま〜に当たりの組成が有りましたが、この時は正に大当たりでした。

ちなみに翌23日にマニ30は、EF58-61牽引によるオクシナ回送で品川に運ばれました。。。


32.jpg
これも2002年頃の撮影だと思うのですが、試6991レの最後尾にマニ30が付いておりました。
こののっぺらぼうな妻面は、マニ30の特徴ですね。

そして、この年の6月20日。
マニ30-2012が小樽で保存されるため、隅田川から札幌タ行き3059レに併結されて旅立ちました。
マニ30が小樽交通記念館で展示される…と言うのは、当時の新聞記事で読んだ記憶が有ります。
札幌タから陸送と言うのも把握しておりました。今だったら弾丸ツアーで特攻していたでしょうが、当時はそこまでの行動力もなく、ただ指を咥えているだけでした。。。
その時に陸送を担当したのが、まさかショウエイさんだったとは…。

この翌年の2003年。マニ30による鉄道現金輸送が廃止。
2004年に用途廃止で全車廃車、形式消滅となったようです。
マニ30が居なくなって、もう10年も経つんですね…。


【関連記事】
EF81-81+マニ50+ゆうマニ+115系



テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 13 ,2014  Edit


Back to top


Category: 海上輸送   Tags: ---

N700系1000番代G15編成①〜⑧号車出航

BI1V3635-1.jpg
笠戸島より日立の工場を望む。

新宿から夜行バスで岡山へ。レンタカーを借りて更に西へ向かい、下松に着いたのはお昼ごろ。
さて撮るかとカメラを起動させたらウンともスンとも言わない。。。。
なんで???夜行バスの振動でイカれたのか!?

被写体を目の前にして写真を撮れないという情けなさ。。。
周章狼狽、何度スイッチを入り切りしても電源は入らず。。。
オイオイオイオイオイ、年休まで取って下松くんだりまで来たのに1枚も撮れないのかよ…。。。。

2011年初頭の大淀川D700水没事故が頭をよぎったわ…。

格闘すること30分余り。。。
焦りが怒りに変わった頃、カメラのスイッチを入れたら背面の赤いランプが点灯した。
ようやく認識してくれた…。

なんか、バッテリーの接点が良くないのか、勢い良くバッテリーを押し込んで力強くロックしたら起動しました。
何故かそれ以降は普通に今日まで使えてます。
なんだったんだろ?


BI1V3644-1.jpg
波消しブロックの海の向こう、出航前の新幹線が整然と並んでいる。

BI1V3690-1.jpg

瀬戸は日暮れて夕波小波。
夕方になり、タグボート「雷神」に曳かれ、新幹線を載せた台船「東伸」が出航。
下松の港に雷神のエンジン音が轟いた。


BI1V3780-1.jpg

下松港の浮標を過ぎ、新幹線を載せた台船は沖へと霞んでいく。
G15編成①〜⑧号車の大航海が始まった。


2014.6.20
N700系1000番代G15編成①〜⑧号車


【関連記事】
G15編成海上輸送
大淀川でリベンジ


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 09 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

平成26年度協同転地演習に伴う自衛隊機材輸送列車運転

BI1V4900-1のコピー
今年の機材輸送列車は、オール榴弾砲FH-70積載のチキ12連。
毎年、カマよりも積み荷が何か楽しみな列車ですが、今回は単調な荷でしたね。。。



皇紀2674年(平成26年)、日本の自衛隊が発足してから60年という節目を迎えた。
この頃は集団的自衛権の話題がメディアを賑わしており、自衛隊の在り方について問われているところだが、周辺国が何を仕出かすかわからない状況にある日本。
東日本大震災を始め、全国各地で災害が発生する度に復旧・救助活動に尽力されている自衛隊。
万一、国内で有事が起きた際に頼りになるのも、やはり自衛隊。防衛の要であることに違いない。
この島國・日本を守るために、今年も北海道で協同転地演習が実施される。

2014.7.3 東北本線 豊原〜白坂 


BI1V4939-1.jpg

郡山の貨物駅で積み荷の点検。


BI1V4929-1.jpg

BI1V4950-1.jpg

BI1V4961-1のコピー


BI1V4972-1のコピー

思えば、このブログの栄えある第1回目の記事が自衛隊機材輸送でした。
2006年の機材輸送は、ED75が牽く列車を黒磯付近で撮影し、その後すぐに羽田空港に直行。
飛行機で先回りして、翌日の室蘭本線でDF200の自衛隊機材輸送列車を再び捉えたのでした。

2014.7.3 郡山貨物ターミナル 


【関連記事】
黒磯界隈
自衛隊機材輸送列車
自衛隊機材輸送列車2
平成18年度自衛隊機材輸送その1
平成18年度自衛隊機材輸送その2
 
【動画】平成20年度自衛隊機材輸送 
平成20年度自衛隊機材輸送 
【動画】平成20年度自衛隊機材輸送復路その1
【動画】平成20年度自衛隊機材輸送復路その2 
平成20年度自衛隊機材輸送復路 
平成21年度自衛隊機材輸送往路 
平成21年度自衛隊機材輸送往路返却回送 
平成22年度自衛隊機材輸送往路
平成22年度自衛隊機材輸送貨車返却回送
平成24年度協同転地演習に伴う自衛隊機材輸送列車運転
平成24年機材輸送列車の往路編成

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 07 ,2014  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】私鉄・三セク車両   Tags: ---

【コラボ企画】DD512、秩父へ陸送

BI1V5064-1のコピー

…と言ってもJRのDD51ではなく、北海道の室蘭で活躍していた、栗林商会さん所有のディーゼル機関車なのですけれど…。

主に、本輪西のヤードでタキの入換を行っていたカマですが、今春のJX日鉱日石エネルギー室蘭製油所が製油業務を停止したことに伴い、道内唯一だった石油貨物列車も5月末に廃止、残された2両の入換機DD511とDD512の動向が注目されておりました。

そして石油貨物列車廃止から1ヶ月余りが経過した頃、2両のカマは早くも新天地へ旅立つことに。
古巣・北海道を旅立つ模様は、フクちゃんさまのブログ「万屋フクちゃんさんのヘンな物さし」にてレポートされております。

赤いDD511号機は三重県へ。
青いDD512号機は埼玉県へ。


いずれも大手セメント企業へ譲渡されるようで、ほぼ同時期の搬出・陸送となりました。
身一つで、さすがに2両の機関車を追いかけるのは無理と言うことで、西に向かった1号機はカモノハシ@B編成さんにお任せして、私は2号機の方を撮影しに赴いたわけで。

しかし、世の中には凄い行動力をお持ちの方が居るようで、
しっかりと、DD511DD512の両方のカマを追いかけて居らっしゃる方がいましたYO!

…ってことで、DD機関車陸送のコラボ企画となりました。


BI1V5029-1のコピー

天気予報では九州地方で50年に1度という大雨が降り、その雨雲が関西から関東に向かってきているという。
こりゃ、どしゃ降りの雨の中での撮影かぁ〜と覚悟を決めていたものの、蓋を開けてみれば小雨がパラパラ程度。
傘も差さずに川崎の交差点でDDを俯瞰で捉えました。


BI1V5150-1のコピー

急勾配を登るDD512。
旋回窓が雪国で活躍していた機関車の証だYO。


BI1V5120-1のコピー

今回運ばれたルート、これがまた期待通りのルートでして、うちの地元を掠めて行ってくれました。
翌日は社畜日勤でしたが、お陰で撤収→帰宅が早い!
午前1時にはパン下げ出来ましたYO!


BI1V5014-1のコピー

電車の陸送は数あれど、なかなかディーゼル機関車の陸送に巡りあう事は少ない。
搬出前、そして陸送の撮影を快諾して頂きました誘導の方、運転手さまには改めてお礼を申し上げます。
雨の中での陸送、たいへんお疲れ様でございました。


DD512には、新天地での末永い活躍をして頂きたいですね。自分はそう思っちょる。


2014.7.3 元栗林商会 DD512


【関連記事】
DD16-7、南へ西へ
【室蘭港】DE15-1521陸送【陣屋町】
室蘭港でキハ40-335搬出・陸送
キハ183-217、吊り上げ&積み込み作業
旧東京市電ヨヘロ1形、76年ぶりに東京へ。
2両のマルタイ、大井基地へ。
立体交差を行くマルタイ
キハ142-8搬出作業
陣屋町臨港界隈


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

07 06 ,2014  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

新幹線を運ぶ。〜横浜SBS編〜

BI1V4714-1.jpg

大抵、鉄道車両工場や車両基地周辺の道路は、車両の搬出入などを考慮して、周辺の道路は比較的広く作られているものですが、総車界隈は大型ドライバー泣かせの狭隘な道に囲まれている。

BI1V4814-1.jpg

踏切、クランク、S字カーブ、鋭角交差点…。
次から次へと現れる難所。
運転手の女房役に、舵切りは欠かせない。
通常では曲がりきれない直角路も、リモコン操作で通行を可能にする。


BI1V4723-1.jpg

1両数億円の、超豪華で超高価な車両を運ぶ。神経を遣う作業だ。
その作業の邪魔にならないよう、遠巻きにレンズを向ける。


BI1V4842-1.jpg

新幹線はたくさんのお客様を乗せて走る。
しかし、線路の上に乗る前に、新幹線の車両はこのように人の手で運ばれて行く。

多くの人が心地よい眠りに就く未明の道路を、この夜も新幹線を運ぶ男たちがいた。


2014.6.30
北陸新幹線E7系F8編成12号車グランクラス


【関連記事】
新幹線を運ぶ。〜E7系横浜編〜
新幹線が運ばれて来るってよ!
新幹線を運ぶ男たち

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 05 ,2014  Edit


Back to top


Category: 海上輸送   Tags: ---

N700A G15編成海上輸送

BI1V3980-1.jpg

海で魚釣りをしていたら、沖からドンブラコと新幹線が…。
早朝から瀬戸内の海で釣りを楽しむ人々を横目に、N700Aの最新編成が漂流していく。


それにしても、まさかこれを撮影していた辺鄙な場所でカモノハシ@B編成さんとお会いするとは。
日本て狭いですね。その節は大変お世話になりました(^^)


2014.6.21
N700系1000番代G15編成1〜8号車


【関連記事】
N700A G10陸送#2


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 04 ,2014  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

日産×E7系

BI1V4735-1.jpg

F8編成の陸送最終日は12号車グランクラス。

E7系(W7系)のグランクラスと言えば、レクサス等で評判の高い「トヨタ紡績」の最高級座席が装備されている事で話題になりましたが、総車製のE7系は、皮肉にもライバル社・日産の広大な施設に面した通りをゆっくりと運ばれて行きます。
そんな午前3時過ぎ。。。

2014.6.30
北陸新幹線E7系F8編成12号車


【関連記事】
瀬戸神社と新幹線陸送
E2系J51編成増備車陸送



テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 03 ,2014  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

E3系R25、故郷・横浜の道を行く。

BI1V4189-1のコピー

山形新幹線への転用改造と言う事で、昨年末に総合車両製作所へ入場したR25編成。
およそ半年の月日を経て、同所を出場しました。
入りはオンレールで、出しはオンロード。

翌日は社畜日勤でしたが、絶滅危惧種のE3こまちが陸送されるのは大変貴重だということで、この夜も己の寿命が縮まるのを覚悟の上で出撃して来ました。


BI1V4273-1のコピー

最近、青い誘導棒を見かけるようになりましたが、視認性はこちらの方が良いのでしょうか?
画的には赤色のほうが好きなのですけれども。

E7系のF7編成の時に撮った歩道橋より、こまちのケツ振りを狙う。
やっぱり車体がひと回り小さいので、E3はスムーズに曲がれてしまいますね。


BI1V4239-1のコピー

仙台よりもハードルの高い横浜陸送。
狭い道路に踏切、クランク、S字、キャッツアイ…。
撮りどころはそれなりに有るのですが、陸送距離が短いので弾数が稼げないのがネックか。
毎回、アングルを変えて、出来る限り同じような絵面にならないよう研究をせねば。

2014.6.23 秋田新幹線E3系R25編成16号車

【関連記事】
新幹線を運ぶ。〜E7系横浜編〜

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 02 ,2014  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

瀬戸神社と新幹線陸送

DSC_4717-1のコピー

E3系R25編成の絡みで変則的な搬出となったE7系F8編成ですが、6月最後の日に残された11号車と12号車グランクラスが陸送されました。
翌日は休みでしたので、この夜は余裕を持って現地入りし、何か面白いアングルは無いじゃろか?
と、輸送ルート界隈を徘徊していたら、なんかいつもと雰囲気が違う所が有るじゃない。

瀬戸交差点の角にある瀬戸神社の鳥居脇に、煌々と輝く提灯たち。
どうやら今日30日は半年に一度の大祓・茅の輪神事が奉納されるようで、その関係のよう。。。
提灯の温かい灯りのお陰で鳥居の形も夜に映えます。
年間祭事を見ても、陸送と被るチャンスは少ないようで、こういう絵面が撮れるのは恐らくそんなに無い(と思う)。

そんなパワースポットの向こうを、神様に見守られながらゆっくりとグランクラスが通過していきました。


BI1V4611-1.jpg

で、この提灯。
この周辺の会社や商店などの名前がずらっと記されておりましたが、
ちゃんと総合車両製作所の名前もございましたよ。

2014.6.30 北陸新幹線E7系F8編成12号車

【関連記事】
夜明けの新幹線陸送 〜E7系F8編成1号車〜
深夜のこまち陸送 〜E3系R25編成16号車〜





テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 01 ,2014  Edit


Back to top