1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 02 2014

Category: 私鉄・三セク   Tags: ---

秩父鉄道全線で運転再開

BI1V6950-1のコピー

ようやく26日の朝から、羽生〜三峰口の全区間で運転が再開されるようですね。良かった良かった…。

23日の日曜日、三峰口駅は静まり返っていました。
大雪が降ってから一週間以上経ってもなお構内の雪は解け切らず、線路は全く見えない状態。
取り残された編成は7801でしょうか?


BI1V6936-1のコピー

積雪は20センチほど。
既に数日経っている事もあり、雪は硬くなっており、雪掻きも容易ではない感じで…。


BI1V6941-1のコピー

白久駅方面を見た感じ。
雪原が続いています。


BI1V6956-1のコピー

三峰口付近の国道沿いに居た猿。


BI1V6958-1のコピー

この日、武州日野〜白久間で作業員の方々が除雪作業をされている姿を見かけました。
小型の重機も近くに置いてありましたが、ほとんど、このスコップで雪を掻いているようでした。
三峰口まではまだまだ距離が有りますが、少しずつ、ゴールを目指して、運転再開のために汗を流されたこととお察しします。本当にお疲れ様でした。

2014.2.23撮影


【関連記事】
深雪の秩父鉄道

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 26 ,2014  Edit


Back to top


Category: 私鉄・三セク   Tags: ---

深雪の秩父鉄道

BI1V6918-1のコピー

2月2回目の大雪は報道でも御存知の通り、秩父地方に大変な被害を齎しました。
ビニールハウスの倒壊や、集落の孤立化、国道の通行止など…。
そして、この地を走る秩父鉄道も長い運休が続き、大雪から1週間以上経過した23日現在でも、影森から三峰口の区間で運休となっており、復旧の目処が立っていない状態でした。

武州中川駅には、元東急の電車がパンタを下げて留置されておりました。
この日も、上空は快晴の青空でしたが、電車の屋根には未だにこれだけの雪が積もっている始末。
どこぞの雪国と見紛うような光景です。


BI1V6942-1のコピー

秩父鉄道と平行して走る国道140号線は、寄居から長瀞辺りまでは路肩にそこそこの雪が見られるものの、皆野を過ぎて秩父の市街地に入ると、路肩に除雪された雪の嵩は1mは有ろうかという高さ。
北海道の様に除雪を想定した道路幅では無いので、除雪された雪が道路にはみ出している箇所が多数あり、車同士が満足にすれ違うことも難しい場所がかなり有ります。



BI1V6919-1のコピー

放置電車は、この次の武州日野駅にも1編成有りました。
天気は良くても気温は上がらず、なかなか雪解けが進まないそうです。


BI1V6944-1のコピー

24日からは、影森〜三峰口間で代行バスの運行が始まったそうです。
残念ながら、1000系1010Fのイベントも雪のために中止になってしまいましたね。。。

2014.2.23 秩父鉄道 武州中川


【関連記事】
  錦秋のC58


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 25 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

セピア色の町を行くE5系

BI1V6718-1のコピー

大雪明けの日曜日。
この日は、まだ雪の影響で一部の新幹線に運休が発生しておりました。
北とぴあからの南側展望は、北側展望に比べて濃い目のフィルムが張られていて、カメラの設定を同じにしていても違った印象に写ります。
いつもはE3つばさをぶら下げてくる列車が、この日はE5の単独運転。
王子駅前の様子を入れて、撮影してみました。


2014.2.15 東北新幹線 大宮〜上野


【関連記事】
北とぴあ展望台から見た景色。

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 24 ,2014  Edit


Back to top


Category: 九州   Tags: ---

クルーズトレインななつ星in阿蘇

BI1V2252-1.jpg

久しぶりのななつ星撮影レポです。
初営業運行の最終日、真幸で撮影後、高速道で一気に北上し、熊本から阿蘇へ。
10月の九州。この数日は長袖1枚で充分でしたが、山の上の阿蘇はさすがに寒く、早朝4時過ぎに阿蘇駅前の道の駅に到着後、列車到着まで仮眠を試みるも、あまりの寒さに一睡も出来ず。
予備で持ってきていたヤッケを1枚着てみたものの、これまた気休め程度にしかならず。
なんだかんだで列車が到着する時刻が近づき、機材を持って入場券を購入し、阿蘇駅のホームで待つことにしました。

早朝5時半過ぎ。ホームには、多くの方が集まり、ななつ星を迎えました。

BI1V2296-1.jpg

列車到着後、ホームでは報道関係者数社があちこちで中継やらインタビューやらを行っておりましたが、それらをよそに、カマの切り離しを見に駅先端へ。
列車の連解結作業はどこでも人気が有るようで、その作業の様子を見ようと、ご覧の通りの人だかり。


BI1V2366-1.jpg

阿蘇駅では数時間の停車。ななつ星が留置されている間に夜が明けて来た。



BI1V2406-1.jpg

ななつ星が停車している間に、見物人が入れ代わり立ち代わり訪れていましたが、犬は全く興味が無いようで…。
この後、阿蘇駅の出発式では、くまモンも現れたそうですが、私は一足先に阿蘇の山越えに出発いたしました。

2013.10.18 豊肥本線 阿蘇駅 

【関連記事】
クルーズトレインin真幸


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 23 ,2014  Edit


Back to top


Category: モノレール・新交通・路面電車   Tags: ---

豪雪の都電荒川線

BI1V6525-1のコピー

豪雪はオーバーですが、東京でこれだけの雪が降るってのは珍しい事で、この夜、飛鳥山に行ってみると都電が走ってきました。
既に終電の時刻は過ぎ、軌道には線路が完全に隠れるほどの積雪。
その軌道を確認するように、7005号車が超〜低速で飛鳥山の交差点を通過。
合羽姿の運転手+乗務員氏も、心なしか緊張しているように感じます。


BI1V6648-1のコピー

7005号車が通過した1時間後、7029号車が通過。
早稲田からひと駅ずつ停車しては除雪作業を行い、15日の利用客を迎える準備を徹夜で行っておりました。
この先は、飛鳥山の急坂ですが、いつもよりもかなり低速で、電車は下って行きました。

2014.2.15 都電荒川線 飛鳥山〜王子駅前 


【関連記事】
都電荒川線の除雪電車

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 22 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

富士を望む

BI1V6730-1.jpg

南岸低気圧が去った後の冬晴れの東京。
空気がとても澄んでいて、はるか遠くの富士山がくっきりと綺麗に見えました。
その手前は丹沢山系でしょうか?
さらに手前は相模原や府中の町並みでしょうか?
北風が強く、富士山に積もった雪が強風で舞い上がっている様子まで見えます。
富士山を撮っていて、後から気づいたんですが、こんな所に埼京線が走っていました。
願わくば、205が来て欲しかった。。。

2014.2.16 埼京線 十条〜板橋

【関連記事】
東海道五十三次「由比 薩埵嶺」
冬晴れの富士の麓に

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 21 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

ほくとぴあ展望台から見た景色

BI1V6712-1のコピー

大雪が降った次の次の日、雪景色の東京の街でも撮ろうと北とぴあの展望台へ行ってみたのですが、その日の夜に展望台で撮った写真の記事をアップして間もなく、むらちゅうさんから電話が有りました。
何事か!?と思ったら、何でも、この日の昼に北王子の雪景色を撮りに来ていたそうで、いやあ〜びっくりしました。
実は私も、展望台から何気なく撮っていたんですよ。でもさすがに遠いです…。かなりトリミングしました。


BI1V6696-1のコピー 

この日は作業無かったみたいですね。。。
むらちゅうさんは、その後仕事だったようで、出勤前の鉄分補給だったそうです。
相変わらずの行動力に頭が下がります。。。

今日は自分、急遽仕事になってしまい、撮りたいものが有ったのに撮れなかったので凹み気味。。。
早く仕事が落ち着く3月中旬になってくれ〜!自分はそう感じちょる。

今夜は職場の先輩に頂いた韓国土産(←自分も行くはずだったけど、仕事でドタキャン。旅費全額没収↓↓↓)のマッコリを飲んで、もう寝る!


2014.2.16 東北新幹線 上野〜大宮
E6系Z3+E5系U4


【関連記事】
雪晴れの朝
E7系東京初入線

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 20 ,2014  Edit


Back to top


Category: モノレール・新交通・路面電車   Tags: ---

都電荒川線の除雪電車

BI1V6618-1のコピー

2週続けて一都六県を襲った歴史的な大雪。
長いこと東京に住んでますが、短期間にこれだけの雪が降ったって記憶はさすがにございませんでした。

それでも降雪の翌日、都電荒川線は、ほぼ平常運転が行われておりました。
JRや私鉄各線が運休や間引き運転を余儀なくされる中、
Twitterでは雪に強い都電荒川線を称える呟きが多数見られましたが、
この安定輸送が守られた舞台裏に、こんな影の立役者が居たということは、あまり知られていないのでは?

「試運転」表示の都電7029号。
雪が降り積もった日の未明、三ノ輪橋と早稲田の間を数時間掛けて徹夜で往復しました。


BI1V6581-1のコピー


7029号車には、スコップなどを持ったたくさんの職員が乗車。
各駅に停車する度に、一斉に停留所(って表現でいいのか?)に積もった雪を掻いて、
塩化カルシウムを撒き、都電を利用される方の通路を確保した。
積雪は20センチ超。水分を含んだ重たい雪を掻くのは容易ではない。
除雪電車は各駅に10分ほど停車しては、運転手さんも含めての除雪作業が慌ただしく行われた。

雪は、未明から激しい雨に変わり、強い風も吹いていた。
それでも、懸命な作業は始発電車が走りだすまで、夜通し行われておりました。

一都電利用者として、徹夜で作業に従事された皆さんの姿に、頭が下がる思いでいっぱいでした。お疲れ様でした。

2014.2.15 都電荒川線 飛鳥山


【関連記事】
ゆうれい電車



テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 18 ,2014  Edit


Back to top


Category: モノレール・新交通・路面電車   Tags: ---

海ほたるとモノレール

BI1V6430-1のコピー  

空気の澄んだ朝、国際線ターミナルのパーキングから東京湾を望む。
朝焼けに輝く海ほたるとモノレール2000形。

2014.2.9 羽田空港国際線ビル〜新整備場 


【関連記事】
フラワートレイン


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 17 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

雪晴れの朝

BI1V6702-1のコピー

2週続けて東京に降った記録的な大雪。
さすがに初めての経験で、個人的にはアドレナリンが出っぱなしの週末でした。
雪国の方から見れば全然大したこと無い積雪量ですが、除雪予算が無い東京にこれだけ降っちゃうと、やっぱり大変な事になっちゃんですわな。

違和感を感じたのは、都内の道路を走っていて、結構な積雪量なのに除雪車を見ることは1回も無く、歩道が雪で埋もれて(と言っても10cm位)歩きにくいからか、道路の轍を歩く人が多いこと多いこと。それも普通の靴で…。
あと、夏タイヤで走っている車も多かったですね。何とか走れるだろうと思っていたのでしょうか。

雪質は先週降った奴よりも今回の方が水分多く、路面状態はシャーベット状で大変走りにくいものでした。
なにやらまた今週半ばに雪予報が出てますが、それは困る…。某予定がトケになっちゃう…。今回は外れて!


画像は北とぴあ17階展望台からのE5系+E6系。
西側の小窓からは、富士山も綺麗に見えておりました。

BI1V6728-1のコピー

2014.2.16 東北新幹線 大宮〜上野
E5系U26+E6系Z18


【関連記事】
E7系東京初入線


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 16 ,2014  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

別寒辺牛ストレート

BI1V6204-1.jpg

別寒辺牛湿原のど真ん中を行く根室本線キハ54。
今年の道東地方は記録的な雪の少なさで、これは観測史上一番だとか。
先日の首都圏を襲った大雪(?)とは対照的な、真冬の道東。

道路はほとんど乾いた路面で、夏タイヤでも大丈夫じゃないか?っていうくらい、拍子抜けな感じでした。
昨年の教訓を踏まえて、今回はかんじきまで持っていったのに、長靴でさえも要らない状況で。。。




BI1V6179-1.jpg

エサになる草などが雪に覆われることが無いので、
動物達にとっては割りと過ごしやすい冬だったのかも。

2014.1.19 根室本線 糸魚沢〜厚岸 


【関連記事】
海原電鉄


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 15 ,2014  Edit


Back to top


Category: モノレール・新交通・路面電車   Tags: ---

ゆうれい電車

BI1V6316-1のコピー

むかし、水木しげる先生の「ゲゲゲの鬼太郎」で、終電後に死人を乗せて走る幻の電車とか言う話が有りましたが、先日の大雪が降った都内で、そんなのが走りました。
時刻は午前3時過ぎ。
雪国と違って都内は雪が降ってもほとんど除雪されることがないので、道路は雪が積もったまんま。
おかげで道路はガラガラでした。
貸切状態の都内を走り、JR大塚駅前に行ってみると、ちょうどおばけ電車が走ってきました。

踏切が鳴り、遮断機が閉まると、大塚の急坂を再徐行で下ってきた都電7000形。
行き先LEDを「試運転」と表示した7026号車は、駅前の急カーブをゆっくりと曲がっていきました。


BI1V6329-1のコピー

運転手さんのほかにもうひとり、保線の方でしょうか?
沿線を確認しながら、ゆっくりと王子方面へ走って行きました。

2014.2.9 都電荒川線 向原〜大塚駅前


BI1V6305-1のコピー

一方、こちらは北区飛鳥山公園付近。
ここでは7018号車に遭遇。やはり「試運転」と表示して、ゆっくりと王子の急坂を下って行きました。
数十年に一度の積雪量に交通局の徹夜の対応、関係各所の皆さま、大変お疲れ様でした。
この方達のお陰で、都電荒川線はこの翌日も定時運行が守られました。

余談ですが、冒頭に触れた鬼太郎のゆうれい電車は、京王線が舞台でした(作者が沿線在住だからでしょうけれど)。
新宿発多磨霊園行きってやつでしたね。

2014.2.9 都電荒川線 飛鳥山〜王子駅前 


【関連記事】
境線 新妖怪列車
都電6000形6086号車、博物館へ陸送
都電6086号車、江戸東京博物館へ到着
開いてて良かった☆
天皇陛下即位20周年記念


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 14 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

雪の浜松町駅

BI1V6246-1のコピー
大雪の日の夜、浜松町駅へ寄り道。
竹芝口からホームへ上がると、東海道新幹線の上り列車が本線上で停車していた。
4番線の京浜東北線南行は「大幅遅れ」の表示で一向に来る気配がない。
逆に3番線の山手線は、次から次へと到着するというダイヤの乱れ様。
エスカレーターは使用停止となり、強風で吹き込んだ雪が、ホーム上を覆っていた。

BI1V6255-1のコピー
3番線に停車中の山手線。よく見ると車内は真っ暗。
アナウンスは「車両点検のため少々停車…」とのこと。
降雪が土曜日だったのが幸いで、帰宅ラッシュの時間帯にもかかわらず、駅のホームも電車内もガラガラでした。

2014.2.8 JR山手線 浜松町駅 


【関連記事】
ソチ五輪開幕


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 13 ,2014  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

快速はなさき

BI1V5886-1.jpg

姉別で日の出×キハのシルエット写真を撮ろうと思っていたのですが、
根室港でダラダラと情景写真を撮っていたら間に合わなくなってしまい、
仕方無く、その後の「快速はなさき」根室行きを順光で。朝陽が眩しそう。

2014.1.20 根室本線 浜中〜姉別 

【関連記事】
おみやげに持って帰れないもの。
極寒の落石断崖暗中行軍




テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 12 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東海   Tags: ---

カンテラ

BI1V6380-1のコピー

日付が変わると雪も止み、再び車で都内の雪道を走りに外出。
あちこち巡って夜明けを迎える頃に大井車両基地へ着くと、
ちょうど始発の列車が基地を出発して行きました。


BI1V6398-1のコピー

構内のポイントにはカンテラが焚かれ、灯油が燃える芳しい香りが漂っておりました(^^)

2014.2.9 東海道新幹線 大井車両基地 

【関連記事】
着発線



テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 11 ,2014  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

ソチ五輪開幕

BI1V6286-1のコピー

ソチ五輪が開幕した(日本時間8日未明)この日、東京では20年ぶりの大雪に。

おなじみ、浜松町駅の小便小僧は五輪応援モードに衣替えしておりましたが、まさかの吹雪まみれ。

そんな悪天候にもめげること無く、勢い良く融雪剤を流し続けておりました。

がんばれ日本!


2014.2.8 山手線 浜松町駅 


【関連記事】
お屠蘇




テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 10 ,2014  Edit


Back to top


Category: 私鉄・三セク   Tags: ---

記録的大雪の日

 DSC_8046のコピー
三陸鉄道 久慈〜陸中宇部

東京で十数年ぶりの大雪警報が出たとか。笑止千万と高をくくっていたら、見事にハマった雪に弱すぎる都会。
確か、去年の1月に都内で5センチの積雪が有りましたが、あの時でも都内各所でスリップ事故が多発しておりました。
その直後に北海道合宿に行った時に、道内の方に笑われましたっけ。

大雪といえば2年前、三陸鉄道を撮りに行った時に、岩手県で数十年ぶりの大雪に見舞われました。
降雪も度を超すと恐怖を感じ、走るのを途中で断念して、R45線沿いの「もしもしピット」とか言う、ちょっとしたパーキングに駐車してマルヨをしたのですが、朝起きたら見事に脱出不可能になっておりました。

一緒に停まっていたトラックも出られなくなったようで、車を前後に動かすことを繰り返してラッセルしていました。
その間に、腰までズボる雪を人間ラッセルで掻き分けて突き進み、撮りに行ったのが上の写真でした。

駐車場に戻ってみると、先ほどのトラックは見事に脱出。
これは千載一遇のチャンスと、自分の車からその轍までの数メートル、
雪を長靴で踏み固めて脱出路を作り、
なんとか一命を取り留めました。

DSC_8125のコピー

命からがら「道の駅のだ」まで来ると、なんとラッセル車が走ってきたので、
すかさず入場券を買って陸中野田のホームへ。
三鉄にもこんな車両が居たんだと、作業を見物しつつシャッターを切らせて頂きました。


DSC_8155.jpg

続いて走ってきたのはお座敷車両。この車両も、屋根の上がエラいことになってました。
この時はまだ電力系が復旧していなかったのかな?ポイント手前で列車が停車し、
人の手で転轍機の操作が行われておりました。
その後も雪は降り止むことはなく、結局、この道の駅で再び脱出不可能となり、
丸一昼夜、車の中で過ごすハメになってしまいました。

以上3点、2012.3.12撮影



DSC_8300_20140207214627c08.jpg

一夜明けると天候は回復。久慈駅へ行ってみると、通学用のチャリは雪に埋もれ、
学生たちがそれを引き出すのにもがいておりました。こんなに降ったのは初めてだとか。。

DSC_8283のコピー

雪で出来たお立ち台から、三鉄カラーの101号車を撮影。
この後、八戸線の開通前試運転列車を撮りに行ったのでした。
2012.3.13撮影   


【関連記事】
八戸線試運転列車


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 09 ,2014  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

海原電鉄

BI1V5960-1.jpg

別寒辺牛湿原から厚岸湖方面を望む画。
最初、水鳥観察館のアングルから撮ろうと思っていたら、なんかの工事の現場事務所が設置されていて、仕方なく手前のアングルに登ったのですが、結果的に良い景色が撮れたので満足(^^)


西陽に照らされた湖面と凍った湿原が一体となり、さながら、映画「千と千尋の神隠し」に出てきた海原電鉄の列車のシーンを彷彿とさせる幻想的な風景となりました。


2014.1.20 根室本線 糸魚沢〜厚岸


【関連記事】
おみやげに持って帰れないもの。


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 08 ,2014  Edit


Back to top


Category: モノレール・新交通・路面電車   Tags: ---

シンデレラ城とリゾートライン

BI1V5150-1のコピー

シンデレラ城のシルエットを掠めて夢の国の電車が通り過ぎて行く。

しかし、視線を僅かに下へ向けてみると…




BI1V5140-1のコピー

そこには現実の世界が広がっておりました↓↓↓↓↓


2014.1.2 舞浜リゾートライン ディズニーリゾートライン線
東京ディズニーランドステーション〜ベイサイドステーション


【関連記事】
シンデレラ城

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 07 ,2014  Edit


Back to top


Category: 保存・放置車   Tags: ---

リニア鉄道館0系

BI1V4450-1.jpg

年末のリニア館における展示車両入換の作業風景です。
700系C1編成を搬入するために、既展示車両の0系を一旦、庫外へ搬出。


BI1V4441-1.jpg

散らついていた雪も止み、夕方には日差しも。


BI1V4434-1.jpg


BI1V4495-1.jpg

吊り上げられた台車。

BI1V4512-1.jpg

この日は、クロ381と0系の2両を屋外へ搬出されました。


2013.12.28 リニア鉄道館 0系(37-2523)


【関連記事】
リニア鉄道館のクロ381#2


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 06 ,2014  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

厚岸湖を望む

BI1V5733-1.jpg

花咲線は、厚岸以東になると極端に運転本数が減ってしまい撮影効率が悪くなる。(と言っても数本しかかわりませんが…)
なので一旦、別寒辺牛アングルから山を降りて、厚岸湖側へ移動。
夏は草が繁茂して行くことが困難であろう湖岸へ下りて行き、青空と湖を入れて「快速はなさき」を撮影しました。


2014.1.19 根室本線 厚岸〜尾幌 



テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 05 ,2014  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

新幹線保守用車陸送

DSC_3429.jpg

所用で都内環七を走っていたら、見覚えのある車両に遭遇☆彡
これって、何年か前に見かけたカンセン用の保守用車かな?って、過去ログ見てみたらそうでした(^^)
業者さんも同じみたいで、よくよく見てみたら、1年前に東北某所にて華麗な搬入作業をされていた方々ではないかと…。


DSC_3436.jpg

1両のモーターカーを上下に分割しての輸送は、以前見かけた時と同じでした。


DSC_3440.jpg

黒い台車に連結器から、鉄道車両であることがわかります。


DSC_3434.jpg

この後、目的地へと陸送されて無事にパイルダーオン!となったのでしょうか?
形式名とか車両の正式名称がわからないのですが、とりあえず、暫定名称「モーターカー MO-8579」の陸送みたままレポでした。

2014.2.3 JR東海 MO-8579


【関連記事】
JR東海 新幹線保線作業用車両陸送
三陸鉄道36-700形搬入作業#2
新幹線マルタイ09-2X陸送


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

02 04 ,2014  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

阿寒川を渡る

BI1V5607-1のコピー

阿寒川を渡るアングルのキハ40バージョンです。
早朝に釧路湿原で撮影して、SL湿原号を撮るまでの待ち時間で撮りました(^^)
2014.1.19 根室本線 大楽毛〜庶路


【関連記事】
薄氷


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 03 ,2014  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

おみやげに持って帰れないもの。

BI1V6225-1.jpg
  

「おみやげに持って帰れないものがありました。この景色です。」


そんなキャッチコピーで、平成24年冬期の青春18きっぷポスターで紹介されたアングル。
根室本線の厚岸を過ぎると、エキゾチックな車窓の風景が左右に広がる。
雄大な別寒辺牛湿原の真ん中を行くたった1両の鈍行列車は、可愛らしくも見え、寂しげにも見え、また逞しくも見え…。

このアングルへは、R44沿いののり面を直登すること5分。
HOTの缶コーヒーを持って行きましたが、あっという間に冷たくなってしまった底冷えの寒さ。
そんな寒さに耐え、望遠レンズで湿原を歩くエゾシカたちを観察しつつ、列車が来るまで時間を潰しました。
ようやく列車が見えた瞬間、手袋を外し、寒さを忘れてただひたすら夢中でシャッターを押し続ける。
列車が走り去っていった後は、凍った別寒辺牛川の氷が「バキバキッ」と軋む音が、湿原に響いておりました。


2014.1.19 根室本線 糸魚沢〜厚岸


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

02 02 ,2014  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

極寒の落石断崖暗中行軍

BI1V5852-1.jpg

霧多布の温泉に入った後は、再び50Km戻って落石へ。
すっかり暗くなった落石の断崖アングルを目指して、機材を担いで歩き始めたのは21時30分。
さすがに日が暮れた後のクマザサの原野は方向感覚が掴みにくい。
月と星の位置を頼りに、取り敢えず歩を進めた。

それにしても寒い…。半端無く寒い。東京の寒さなんて甘っちょろい。かなりの厚着をしているが、叩きつける風が容赦なく体温を奪っていく。
LEDライトの明かりを照らして、ひたすら原野をひとり、歩き続けた。

見渡す限りクマザサの原野。月が出ていなかったらまさに漆黒の闇だろうな…。
ガサゴソと自分の足音が原野に囁く。その足音に気づいたシカの群れが、プラネタリウムのような満天の星と月明かりの下、一斉に遠くに走り去っていくのが見えたが、実に幻想的な光景だった。
そして、ヒグマが出てこないことを祈りながら歩き続けた。

やはり方向感覚が麻痺して日中よりも時間がかかったが、何とかアングルに到着したのが22時ごろ。
昼間に陣取った塹壕(いわゆるタコツボってやつ)に身を屈めて、ゲバを広げてカメラをセットした。
まるで、二脚を立てたカラシニコフを構える歩哨の気分である。

そのカラシニコフで狙うのは、根室発釧路行きの最終列車「
快速ノサップ」。
が、時間になっても来ない。凍死しないよう身体をさすりながら、夜の原野でひたすら独り言を言いながら待ち続けた。
結局10分ほどの遅れだったか?寒さで意識を失いかけた時、漸くディーゼルエンジンの音が近づいてきた。
ゆっくりと最果ての断崖を走っていくキハ54単行。その明かりが見えなくなるまでシャッターを切り続けた。


2014.1.19 根室本線 落石〜別当賀


【関連記事】
最果て仕業


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

02 01 ,2014  Edit


Back to top