1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 10 2012

Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

N700A G3編成16号車陸送その3

DSC_9474.jpg
G3⑯が最後の交差点を曲がり始める。
深夜の巡回中だったミニPCに気を遣って頂き、車間を空けてもらっている間に撮影させてもらった1枚。
DSC_9482_20121027082823.jpg
DSC_9506.jpg

DSC_9624_20121027082822.jpg DSC_9775_20121027082854.jpg
工場に続く最後の花道を慎重に進む。

そしてこの陸送のクライマックス、バックでの車両搬入。
ドライバーの緊張感がびりびりと伝わって来る。

DSC_9718.jpg
さらに忘れてはならない、陸送をサポートをするスタッフの方々の存在。
絶妙なチームワークが有ってこそ、1両1両が確実に、そして恙無く運ばれる。

2012.10.17 N700系1000番台G3編成16号車 

【関連記事】
N700A G3編成16号車陸送その1
 
N700@G3編成16号車陸送その2

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 31 ,2012  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: 陸送  新幹線  

G3歩道橋バック

DSC_9298.jpg
新幹線の脇に追っかけ車の列。

2012.10.17 N700系1000番台G3編成16号車 

【関連記事】
N700A G3編成16号車陸送その1

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 30 ,2012  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: 陸送  新幹線  N700  

N700@ G3編成16号車陸送その2

DSC_9378.jpg
道路に佇む巨大な白い車体、従来のN700
新幹線が進化したN700AのG3編成先頭車だ。

DSC_9397.jpg
徐に、その大きな白い車体は動きだし、たくさんのスタッフのアシストを受けながら交差点に差し掛かる。

DSC_9389.jpg
いざ浜松を目指して…
DSC_9443.jpg
その巨大は姿とは裏腹に、新幹線は慎ましく、そして粛々と夜の街を運ばれて行った。

2012.10.17 N700系1000番台G3編成16号車 

【関連記事】
N700A G3編成16号車陸送その1
 

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 1   Trackback: 0

10 29 ,2012  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: 陸送  新幹線  N700  

漁船を運ぶ。

DSC_9357.jpg
N700陸送撮影で定番の道の駅へ。
さすがに毎回同じお立ち台アングルからだと、撮影していても面白く無いので別アングルを探していたら、こんなのが止まっていました。
兵庫県から運ばれて来た様ですが、果たしてどこまで陸送されて行くのでしょうか?

DSC_9365.jpg
そして、漁船トレーラーが止まっていた後の土手をよじ登り、走り去る新幹線を後追い流しで撮影。
お立ち台よりも道路に近く、露出も+1段分は違うのではないでしょうか。
こっちの方が迫力ある画が撮れるかも。

2012.10.17 N700系1000番台G3編成16号車 

【関連記事】
N700A G3編成16号車陸送その1
 

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 28 ,2012  Edit


Back to top


Category: 九州   Tags: ---

えびのマヤ

DSC_9206.jpg
小林でマヤを撮影後、タクシーでかっ飛ばす事30分。
マヤ検の次の停車駅、えびの駅に着いた。

DSC_9212.jpg
試験用台車を煌煌とライトが照らす。

DSC_9218.jpg
えびの駅では列車交換のため暫しの停車。
交換列車から降りて来た学生たちは、怪しい列車が止まっているのを見つけるや否や、すかさず写真を撮り、駅の待合室に居た男性は、懐かしい列車だなあと仰っていました。一般の方が見れば、試験車も客車も同じに見えてしまうのは無理も無い話しで…。

発車時刻になると、DE10は長めの汽笛を鳴らし、ゆっくりと吉松に向けてえびのを後にして行きました。
そして私は駅前に待たせておいたタクシーで鹿児島空港へ向かい、帰路に就いたのでした。

2012.10.15 吉都線えびの

【関連記事】
肥薩線白石マヤ
時刻表に無い列車 
西頴娃マヤ 
20キロの推回マヤ 
最南端へ向かって 
指宿マヤ 
南国マヤ 
集川橋梁 
最南端の鉄路にて。
最南端のマヤ検 

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 27 ,2012  Edit


Back to top


Category: 陸送   Tags: ---

HTVを運ぶ。

DSC_8935.jpg
深夜、ホテルを抜け出してHTV(宇宙ステーション補給機)部材の陸送ルートの交差点に出てみた。
静まり返った夜中の種子島。2台の先行先導車に続いて現れたのは、先導車の任に就く鹿児島県警のPC。
なんだよ、島にもレーダー搭載のPCが配備されているのかよ…。

物々しい車列がジワジワと近づいて来た。


DSC_8944.jpg
ロケット輸送と違って、HTV輸送は車長こそ短いものの、高さ・幅は新幹線や変圧器陸送の比では無し。
市街地だったら、まず陸送不可能な高さだよね。
HTVに続いてシークレット機材のトレーラーが後に続きます。

DSC_8949.jpg
時速20キロほどで、南種子郵便局前の交差点を通過して行きました。
ルート上にある信号機付きの交差点では、予め作業員さんがスタンバイし、車列の通過に合わせて信号機をロープで引っ張り、向きをクルッと変えておりました。

DSC_8966.jpg
車列が通過した後は、すぐに信号機の向きが戻されました。
3枚の写真を合成して、信号機の向きが90度変わる様子を表現。ひとつ先の交差点でも、同様の事が行われております。

2012.10.15 南種子町にて。

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 27 ,2012  Edit


Back to top


Category: 九州   Tags: マヤ34  吉都線  

吉都線・小林駅100周年

DSC_8989.jpg
鹿児島空港から霧島連山を見る。2012.10.15 

DSC_9000.jpg

種子島から鹿児島まで空路にて移動。鹿児島空港からは例の如くタクシーを捕まえて肥薩線の嘉例川駅まで移動した。10分ほどの乗車時間で1800円也。まさに破産街道まっしぐらである。
ここから隼人発肥薩・吉都線経由の都城行き普通列車に乗車し、ひとまず京町温泉を目指した。
単行キハの車内は空いており、ボックス席を遠慮なく独占させて頂いた。

DSC_9021.jpg
2012.10.15 吉都線 京町温泉 
嘉例川から偶然乗車したのが、このラッピング車両。雑誌等で運行に関する告知を見た記憶が無かったのですが、いつまで走っているのでしょうかね。ラッピング車両がこの1両だけなのかどうかもよくわからず。


DSC_9102.jpg

2012.10.15 吉都線 広原〜小林 
10月1日、吉都線吉松〜小林間が開通して100周年を迎えたそうで、自分が確認した限りではキハ40-8063に100周年を祝う特別ラッピングが施されておりました。

DSC_0257.jpg
沿線で写真を撮っていたら、何やら話しかけて来る方がおり、話しを聞いてみると吉都線100周年記念の実行委員会の方だそうで、記念シールやら記念絵はがきセット、さらに記念の升まで頂いてしまった。恐縮しながらも、有り難く頂戴させてもらいました。



【関連記事】
マヤ34吉都線検測
マヤ34吉都線回送
吉都線で朝練
国鉄色キハ66・67吉都線入線
吉都線、新燃岳噴火の影響

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 25 ,2012  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: 陸送  

N700A G3編成16号車陸送

DSC_9337.jpg
10月17日から24日にかけて、8夜連続で東海道新幹線N700系1000番台G3編成の陸送が施行されました。
 毎年この時期は東名集中工事の時期。
しかし、新東名が開通したおかげでほとんど工事の影響を受ける事無く、豊川インターを下りる事が出来ました。

さて、国1標示の歩道橋アングルですが、ワンパターンにならないよう、今回は反対側から豊橋市電の線路を入れて撮ってみました。
さらに写真に動きを出すため、スローシャッターで他車のライトの軌跡を入れてみました。
同じ歩道橋からのアングルでも、少し立ち位置を変えたり、撮り方を工夫してみると、また違う印象に写るものです。

2012.10.17 東海道新幹線N700系1000番台G3編成16号車 



【関連記事】
Z69編成16号車陸送(2011.6.15)
Z69編成16号車陸送その2(2011.6.15)
Z71編成1号車陸送(2011.7.26)
Z77編成16号車陸送(2011.11.23)
Z80編成16号車陸送(2012.1.30)
Z80編成5・6号車陸送(2012.2.4)
G1編成16号車陸送(2012.7.5)

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 24 ,2012  Edit


Back to top


Category: 陸送   Tags: ---

島間港にHTVコンテナほかが陸揚げ

DSC_8866.jpg
1543年鉄砲伝来でお馴染みの種子島。南西諸島は、2009年7月の皆既日食で奄美大島を訪れて以来だ。
この日、鹿児島港から高速船で種子島北部の西之表港へ。港から島南部へ行く路線バスに乗車し、南種子町まで移動した。
南種子町内の至る所に立つ、大型トレーラー通行に伴う交通規制を知らせる看板が目につく。
そのトレーラー輸送の出発点となる島間港へタクシーで向かってみた。

DSC_8872.jpg
そこには、既にトレーラーに積載されたHTV(こうのとり)与圧キャリア用コンテナが。
JAXAのロゴがシブい。

DSC_8874_20121023212157.jpg
もう1台積載されたブツはシートで覆われており、その中身を窺い知る事は出来ない。
どうやら極秘のお品の様で、これは1月に打ち上げる例の奴のパーツなのでしょうか?

DSC_8880.jpg
港に聳え建つロケットのモニュメント。
おっと!その前に止まっている黄色いトラックはもしや…。はるばる大阪から走って来たそうです。

DSC_8918_20121023212157.jpg
▲NASDAのロゴが付いた中型ロケット発射台(右)。
左の白い建物についても説明してもらいましたが、忘れてしまいました。

南種子から乗車したタクシーの運転手さんが、実は元宇宙センターの技術者さんで、センター内を隈無く案内して下さいました。技術的な説明など、興味深いお話が盛りだくさんで、ついつい時間が経つのを忘れてしまうほど。

DSC_8921_20121023212156.jpg
▲現在、打ち上げに使用されている発射台。
台風21号の影響で海が時化ていますが、それでも世界一美しいロケット発射場という名にふさわしい眺望です。
島間港から種子島宇宙センター観光ツアーのタクシー代は、しめて1万円也。

2012.10.14 鹿児島県種子島 

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 23 ,2012  Edit


Back to top


Category: 九州   Tags: ---

マヤ34が開駅100周年の小林駅に停車

DSC_9151.jpg
2012.10.15 吉都線 広原〜小林 

免許証を忘れて自由に動けない私は、小林駅前でタクシーを拾い、取りあえず線路沿いに広原方面へ走ってもらった。
そのままタクシーに乗りながらアングルを探す訳だが、料金メーターがバタバタ加算されて行く…。こりゃあ財布がもたないと、途中、たんぼが広がる場所で下ろしてもらった。そして、ついでに帰りの足も確保すべく、マヤが通過した頃に再び迎えに来てくれと、運ちゃんに頼んでおいた。小林駅からここまで960円。ふう〜、タクシー鉄は汗が止まらんわ(笑)。

そして、マヤが来るまで待つ事2時間!ひたすら、アングルの傍らにある歩道の縁石に腰掛けて時間が過ぎるのを待った。
夕刻、下校中の小学生たちに「こんにちは〜」と挨拶された。
…なるほど。きっと、『怪しい人を見かけたら挨拶をしよう』という運動なのだろう。間違い無く、その時の自分は小学生たちの目には「不審者」として写っていたに違いない。散歩中のマルチーズにまでキャンキャン吠えられた。


日中に吉松から都城まで回送されたマヤ34が、夕方になり検測のため再び戻って来た。
黄金色に輝く稲穂と絡めて撮るつもりが、待っている間にどんどん日が傾き、田んぼに背後の林の影がかかってしまった。すっかり陰ってしまった田んぼだったが、空が飛んでしまうのは覚悟の上で、流し撮りで誤摩化してみた。
窓越しに見える検測者の姿から、まさにマヤがお仕事中である事がうかがえる。


DSC_9162.jpg
その後、再びお迎えのタクシーに乗車し、小林駅に戻ってもらった。
マヤは、ここ小林駅で40分ほど停車となる。
首都圏の駅なら軽いパニックになっているだろうが、ここでの撮影者は自分ひとり。
その間、じっくりと撮らせて頂いた。

DSC_9172.jpg

DSC_9183_20121021215826.jpg
DEの遥か向こう、霧島の山に日が沈んで行く。
完全に日が没したころ、列車は次の停車駅「えびの」を目指して出発して行く。
そして私は先回りするべく、再び駅前のタクシーに声を掛けたのであった。


2012.10.15 以上3点、小林駅 

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 22 ,2012  Edit


Back to top


Category: 九州   Tags: ---

吉都線開業100周年記念マヤ検

DSC_9076.jpg
開業100周年を迎えたJR肥薩線と吉都線で、10月15日、マヤ34-2009を使用した軌道検測が行われました。
折しも前日の夜、鹿児島中央駅構内で817系の脱線事故が発生し、この日の検測に支障を来すのではとの懸念が有ったが、定刻でやって来てくれました。
現役で活躍するマヤ34は、北海道の2008と、九州の2009の2両だけ。
いつ引退してもおかしくない車両だけに、機会が有れば、また撮影に赴きたい。

2012.10.15 JR吉都線 鶴丸〜京町温泉

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 21 ,2012  Edit


Back to top


Category: 九州   Tags: ---

いぶたま

DSC_8769_20121019192451.jpg

鹿児島空港に着いて気づいたのが、運転免許証の忘れもの。
運転免許証が無ければ車はおろか、原付バイクですら乗れないのは至極当然であり、レンタカーだって借りる事は出来ない。

まさかの忘れものに途方に暮れる中、移動手段に選んだのは公共交通機関。
しかしながら、本数の少ないバスや列車では移動がかなり非効率であり、10キロ近い機材を担いで歩くのも、夜勤明けの身体にはかなり堪える。

前日の「リバイバルにちりん」を撮ろうと、空港からJR重富駅の先までタクシーで移動したら、軽く5000円近くかかってしまった。これでは金が幾ら有っても保たないぞと、この日は指宿枕崎線の快速なのはなに乗って移動。
平川駅で降りて徒歩5分の線路際で「いぶたま」をお手軽に撮影した。

肩に喰い込む機材のベルトが痛すぎる…。


2012.10.14 指宿枕崎線 平川〜瀬々串 

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 19 ,2012  Edit


Back to top


Category: 九州   Tags: ---

リバイバル特急「にちりん」復路

DSC_8797.jpg
鉄道の日の10月14日、前日に宮崎〜鹿児島中央間で運転された「ブライダルにちりん」号の復路が運転されました。ちなみに絵入りマークは鹿児島中央方のみに掲出。宮崎方は「臨時」表示となっていました。

DSC_8823.jpg

DSC_8793.jpg

DSC_8819.jpg

DSC_8796.jpg
方向幕も特製の4種が掲出されておりました。

DSC_8789.jpg
鹿児島中央駅に入線するDo32編成。
宮崎方の幕は「臨時」。ちなみに前日の運転では「回送」表示でした。


2012.10.14 日豊本線 鹿児島中央駅 


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 18 ,2012  Edit


Back to top


Category: 九州   Tags: ---

リバイバル特急「にちりん」

DSC_8669_20121017163157.jpg

10月13日土曜日、大分車485系5連(Do32編成)を使用したリバイバル特急が運転されました。

7月にリバイバル列車を撮影しに行った時に、現地の方から「10月にもまた走りますよ」と言うお話を聞き、どんなマークになるのかな?と楽しみにしていたら、なんと「にちりん」マークでした♪

リバイバル「にちりん」と言えば、2011年春の485系定期運用離脱前、宮崎の大淀川橋梁で撮ろうとして、カメラを水没させて撮影出来ず、痛恨の見る鉄という恥辱的な想いが甦りましたが、期せずして、この日、あの時のリベンジを果たす事が出来ました。

「にちりん」と言っても、ただの「にちりん」では無く、5両編成のうちの鹿児島方2両を貸し切ってのブライダル特急として運転された訳です。
ヘッドマークをよく見ると、L特急のLの字の部分に「寿」の字、右下部には新郎新婦のシルエットをあしらった特別なマークでした。実に粋な演出ですね☆

「にちりん」のヘッドマークを掲げた列車にふさわしい青空の下、お二人を乗せたブライダルトレインは、宮崎から鹿児島中央までを快走しました。


2012.10.13 日豊本線 重富〜竜ケ水 


【関連記事】
さよなら九州485系 

大淀川でリベンジ 
特急「夕月」 

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 17 ,2012  Edit


Back to top


Category: 私鉄・三セク   Tags: ---

【秩父鉄道】電気機関車5重連秩父祭号【笠鉾曳行】

IMG_1745.jpg
2012.10.7 秩父鉄道 永田〜武川 5002レ

秩父鉄道で7日、「秩父祭笠鉾特別曳行」を記念した「EL5重連秩父祭号」が運転されました。

編成(5002レ)は、熊谷方からデキ301+501+502+503+103+12系×4。

10丁パン上げは見応えが有りますね。


次回は9重連でお願いします☆

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

10 07 ,2012  Edit


Back to top