1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 12 2011

Category: 陸送 > 【陸送】私鉄・三セク車両   Tags: ---

井の頭線3028Fラストラン(3128&3078編)


DSC_2695_20111223000409.jpg
ついに井の頭線3000系が完全に線路上から去る時が来た。



DSC_2707.jpg
デハ3078
12月16日午前0時。搬出場所となる永福町には、人気の無い中間車にもかかわらず、最後の姿を見届けようとたくさんの人が集まっていた。


 DSC_2721-2.jpg
デハ3128
数年がかりで運び出した3000系もとうとうこの日で終わり。
長きに渡る3000系陸送作業、ひとまずお疲れさまでございました。


 DSC_2741.jpg
デハ3128 
井の頭線高井戸駅下を通る環八では、年末恒例の道路工事が行われていた。
道路は片側1車線が絞られ、ちょうど急カーブにかかる陸送車両は、当然の事ながら通行出来ず、立ち往生。
工事作業員総出で、慌てて道が広げられた。

陸送車両の通過わずか2分前に、高井戸駅下り線に吉祥寺行きの電車が到着。
数分の差で最後のご対面は叶わなかったが、ふたつのレイヤーを比較明で編集して、幻の邂逅を表現してみた。

この後、トラックはゆっくりと工事区間を通過して行く。
解体される車両故の運命か、屋根上機器は撤去され、貫通路にはシートさえ被されず、車内の様子を露にしたまま、デハ3128は二度と戻らぬ旅路へと去って行った。


2011.12.16 井の頭線デハ3078&デハ3128


【関連記事】
井の頭線3028F搬出・陸送(3778編)
井の頭線3028F搬出・陸送(3728&3028編)
3719&3779搬出・陸送
3729&3029搬出・陸送
井の頭線ストーカー
3029F搬出・陸送
3726&3775搬出
3725&3025搬出
いよいよ搬出
3768&3118廃車搬出
3772号車搬出
3716号車搬出
  
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

12 28 ,2011  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】私鉄・三セク車両   Tags: 井の頭線  陸送  

井の頭線3028F搬出・陸送(3778編)

DSC_2500.jpg
井の頭線3000系最後の先頭車となるクハ3778号車が、12月14日未明、永福町から搬出・陸送されました。
20数年前、陸送により井の頭線へ搬入された3778号車は、奇しくも同じ業者さんによって、再び陸送され、井の頭線を後にした。


DSC_2514.jpg

DSC_2576.jpg



DSC_2259.jpg
台車を積んだトラックが、後導車を務めた。2011.12.10撮影


特記以外は2011.12.14撮影 井の頭線クハ3778
 
【関連記事】
井の頭線3028F搬出・陸送(3728&3028編)
3719&3779搬出・陸送
3729&3029搬出・陸送
井の頭線ストーカー
3029F搬出・陸送
3726&3775搬出
3725&3025搬出
いよいよ搬出
3768&3118廃車搬出
3772号車搬出
3716号車搬出

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

12 26 ,2011  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

クリスマススカイツリー

DSC_2870.jpg

およそ1年ぶりにこの場所に来た。
前回来た時はまだ建設途中で、長~いタワークレーンが乗っかっていました。
その後も、すくすくとツリーは成長して、高さ634mに。いや、壮観です。


DSC_2880.jpg

そしてクリスマスと大晦日限定ライトアップと銘打って、
12月23、24、31日の3日間、特別ライトアップが行われました。
何でも634mに到達してから初めてのライトアップだとか。

これでもまだ一部のLEDしか点灯していないらしい。
オープン後のライトアップは、一体どんだけ綺麗なんだ?




2011.12.18(写真上)、12.24(写真下)撮影 JR総武線 両国~浅草橋

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

12 24 ,2011  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】私鉄・三セク車両   Tags: 井の頭線  陸送  3000系  

井の頭線3028F搬出・陸送(3728&3028編)

DSC_2257-2.jpg
12月10日未明、京王井の頭線3000系最後の編成となる3028Fのうち、クハ3728とデハ3028の2両が搬出・陸送されました。当日は、週末および先頭車の搬出とあってか、非常にたくさんのファンの方々が集まり、永福町を後にする3000系車両を、写真やビデオに収めたりする人の姿が見られました。



DSC_2154.jpg
同日搬出されたデハ3028号車。人気の先頭車に相反して、中間車故の運命なのか、カメラを向ける人はごく僅か。
気がつけば、自分もデハ3028を撮影したのは、この場所だけでした。



DSC_2187.jpg

DSC_2202.jpg
クハ3728が甲州街道を左折。
鋭角に切れ込む交差点のため、対向車線を大きく回りながら、ゆっくりと左に曲がる。
 
このところ、カンセン陸送に見慣れていたせいか、久々に見る20m級の陸送車両が小さく感じたのですが、交差点の向こう側に並ぶ乗用車と比較してみると、やっぱり、道路に対して鉄道車両が如何に大きいかと言うのを改めて感じさせられます。

交差点角にある交番の中からは、その様子を窺う警察官の姿が。
以前、このあたりで陸送を撮影していた時に職質を受けたことが有りましたが、その時の警察官の方が、この交差点を曲がって来る電車の光景を何度か見ていたらしく、どこに何の目的で運ばれて行くのか、いつも疑問に思っていたと話されていたっけか…。

DSC_2235.jpg
道路は狭くなり、動物園線の屋根ガリアングルにて後追い流し。
制限高4.5M。
桁下ぎりぎりのところを、徐行して通過して行きました。

DSC_2291.jpg

DSC_2306.jpg


2011.12.10 井の頭線クハ3728&デハ3028 



【関連記事】
3719&3779搬出・陸送
3729&3029搬出・陸送
井の頭線ストーカー
3029F搬出・陸送
3726&3775搬出
3725&3025搬出
いよいよ搬出
3768&3118廃車搬出
3772号車搬出
3716号車搬出

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

12 22 ,2011  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】JR車両   Tags: ---

原ノ町運輸区に701系搬入

DSC_2607_20111216211858.jpg

大震災、そして原発事故により不通となっている常磐線ですが、ようやく12月21日から原ノ町~相馬駅間にて運行が再開されることとなりました。
しかしながら、同区間は南部の原発警戒区域による不通区間と、北部の津波による線路流失区間の狭間に有り、運転に使用する車両をオンレールで輸送することが不可能なことから、JR東日本仙台支社郡山総合車両センターから、同水戸支社原ノ町運輸区まで、701系1000番台6両が陸送されました。


陸送は、12月12日21時ごろに郡山総車セを出発、トレーラーに載せられた701系1000番台3両は、原発事故の立ち入り制限区域を北側へ大きく迂回するように運ばれ、そして翌13日の午前2時半ごろに到着。
搬入作業は午前8時ごろから開始され、午前中に1両、午後に2両が載線されました。

なお、残り3両は14日21時ごろに同じく郡山総車セを出発し、15日未明に原ノ町に到着した。
この日の搬入作業は、午前中に2両が載線、午後に残り1両が載線され、21日から使用される車両の全てが搬入完了となった。
しかし、原ノ町駅構内には依然として651系や415系が留置されたままとなっており、今後の車両の動向が気になるところである。

DSC_2636のコピー

治具を掛けられる701系電車。間もなく車体が吊り上げられ、線路に載線される。

今回の輸送に携われた業者さん、よく見たら、新潟や千葉でお見かけした業者さんではないですか。
思えば丁度1年前、郡山から14系客車を運んだのも、こちらの皆さんでした。
その後も各地で活躍され、さらに大震災後も、被災車両の撤去作業を請け負われているのをネットなどで拝見しておりました。確か、先日陸送された仙石線205系もそうだったかと。。。

それにしても年中出張づくめのようで、はたして、ちゃんと家に帰れているのでしょうか?
と言いつつも、またどこかで車両の陸送を行ってくれることを、激しく期待しております。出来れば私が休みの日に(笑)…


DSC_2660のコピー 

宙に浮かんだクハ701-1025。
わずか4駅という短区間ではあるが、運行再開に大きな期待がかかる。

DSC_2669.jpg
いよいよ台車と車体が合わせられる。

DSC_2602.jpg
載線された車両は、モーターカーによって移動され、組成されました。


12月15日現在、原ノ町駅構内では、線路の調査のようなことが行われておりました。
運行再開に向けた最終点検でしょうか?
ちなみに試運転は16日から行われるようです。

原ノ町までの道のりは、原発事故さえ無ければ、常磐道北上で何てことは無かったのですが、周知の通り立ち入り制限区域のため、東北道から一般道を経て峠を幾つも越えて、漸く辿り着きました。
晩秋の福島の景色は穏やかで、朱色の柿の実が撓わに実り、一見、長閑に見えましたが、途中に通りかかった一部の町では、住民が避難されているせいか、そこに町は有れど、人の気配は全く感じられず、ガソリンスタンドや郵便局など、平日昼間にも関わらず、営業していない光景は、一種異様に感じられ…。
あの原発事故さえ無ければ…。

2011.12.15 クハ701-1025 


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

12 16 ,2011  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

星空観測

DSC_2393.jpg
2011年12月10日 山梨県本栖湖畔 月は、皆既前後で露出を変更して撮影。

10日夜の皆既日食は富士の麓の本栖湖へ。
湖畔には、既に大勢の天文マニアの方々が集まっておられました。

「月光」に照らされた「富士」と、月食の過程を絡めて撮ろうえと思ったら、月が高すぎてフレーム内に収まりきらない(汗)
2009年の奄美・皆既日食キャンプの時にも使用したCanonの超望遠機材で別撮りした月食と富士山を重ねて、それらしい雰囲気にしてみました。実際にはもっともっと上の方に月が浮かんでいるものと思ってご覧ください。

現地の気温は±0度。数日前に降った雪が、融け切らずにまだ残っている状態でしたが、意識が撮影に集中していたせいか、寒さは殆ど気にならず、21時45分の欠け始めから、午前1時18分の部分食終了まで終始、屋外にて夜空をひたすら眺めていたのでした。

満月の月明かりが徐々に薄れていくにつれ、足下の景色が徐々に見えにくくなる。それと代わる様に、月明かりで隠されていた無数の星が、次々と天空に姿を現した。
安三脚を最大限に開き、明らかに重量オーバーの望遠レンズを付けて撮影を試みるも、皆既時の月の位置がほぼ南中にあり、レンズを思いっきり上に向けないと月に合わせられない。す

刻々とファインダー内を移動する月を、逐一、手動で追尾しながらレンズの向きを合わせるのは、実に効率が悪い。
かと言って、赤道儀なんて気の利いた物は、高価すぎて買える訳が無い!


いつも思うことだが、こういう天文現象が「いつ何処で何時何分何秒に何々が起こる」っていう計算をする人は、本当に凄いと感心してしまう。


DSC_2378.jpg
夜空に浮かぶ無数の「銀河」は、もはや星座名すらわからないほど。
この夜に流れた星は、両手では数え切れないくらい見ることが出来た。


11年ぶりの天体ショーを見た後は、富士山麓を半周して御殿場市内へ移動。
邪魔な雲のない今夜ならパール富士が見られると思い、大凡の見当をつけた場所で車を止めてその時を待つ。


そして午前6時すぎ。


DSC_2429-2.jpg
2011.12.11 神奈川県御殿場市 シャッター速度は2秒 山頂のやや右上方に、偶然にも微かに流れ星が写っていた。

ドンピシャで富士山頂に月がめり込んで行った。
今宵、日本中に幻想的な姿を見せてくれた満月は、
最後に美しい「ムーンライト」を放ちながら、静かに姿を消した。




前日の夜は井の頭線の陸送ストーカーで徹夜。そして、この夜も徹夜。
人間、50時間以上ろくに寝ていないと、体に変調を来たしてくるのがわかる。
ヤバい…、声が柳ジョージばりに枯れてきた。。関節が、頭痛が、悪寒が…。
帰ったら絶対、すぐに寝よう。


DSC_2469.jpg

パール富士から30分後、東の空から太陽が昇り始める。
そして冠雪した富士の山肌が、山頂から徐々に紅く染まり出し、見事な赤富士になった。

IMG_0849.jpg
日曜日と言うことも有り、道路が空いていたお陰で意外と早く東京に戻る事が出来た。
よし、ついでなので東十条に行こう。星つながりで「カシオペア」と、

IMG_0879.jpg
「北斗星」を撮って帰りました☆
そして、久しぶりに仮眠をとることができました☆

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

12 12 ,2011  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: 陸送  新幹線  N700  

搬入 ~N700系Z77編成16号車&15号車~

DSC_1640のコピー
新幹線が浜松工場に運ばれて来た。
そして最後の交差点を、ゆっくりと、慎重に右折する。

DSC_1733.jpg
四方の道路は一時的に規制され、25メートルも有る新幹線の車両がゆっくりと交差点を曲がる光景は、何度見ても非日常的光景である。


DSC_1750.jpg
浜松工場に通じる回送線の踏切を渡る光景も、陸送ファンにはお馴染みのアングル。
この夜も、シャッターチャンスを狙うファンが、寝る間を惜しまず集まっていた。

DSC_1655のコピー
台車の代わりにゴムタイヤを履いたN700系が、誘導員さんによってリモコン制御されながら最後の直線を進む。




DSC_1686.jpg
そしていよいよ工場正門へ、16号車名物であるバックでの搬入が始まった。

DSC_1676のコピー
ドライバーの真剣な眼差しから、一層の緊張感が伝わって来る。
多くのファンがカメラを構える中、ドライバーは集中力を欠くこと無く、そして一片の狂いも無く、27メートル超の先頭車両は、恙無く浜松工場内へと搬入された。


 2011.11.23 JR東海  東海道新幹線N700系Z77編成16号車&15号車

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

12 04 ,2011  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

583系「特急はつかり号」で行くみちのく青森の旅

DSC_1907のコピー
朝、濡れた道路を走る車の音で目が覚めた。
昨夜から降り出した雨は、夜が明けても止むことは無く、天気予報によれば、終日雨模様だとか。

この日は東北本線全線開通120周年記念企画として、秋田車583系6連を使用した団体臨時列車「特急はつかり」号が、上野から青森まで運転された。
最近は、この手の企画モンを撮ることは殆ど無かったのですが、あまりにも暇だったものですから、ボケの予防にと、わざわざ雨の中、とり鉄して参りました。

この日未明、宇都宮線蓮田付近の踏切にて発生したトレーラーの脱輪事故により、宇都宮線は上下線とも不通。
その復旧作業にかなりの時間を要した為、特急はつかりの運転が危ぶまれたのですが、午前8時50分ごろに宇都宮線は運転再開。
その直後に尾久から特急はつかり号が出区。事故の影響を受けること無く上野駅を定刻に発車し、尾久付近にて撮影することが出来ました。


2011.12.3 JR宇都宮線 尾久~赤羽

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

12 03 ,2011  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: 陸送  新幹線  N700  

道路を走る新幹線。~N700系Z77編成16号車~

DSC_1553のコピー
新車臭を撒き散らしながら公道を走るN700新幹線
車輪の代わりにタイヤを履いて、車両メーカーからJRの工場まで運ばれる。
道路の縁石が映り込むほど、側カウルはピッカピカ♪

DSC_1592.jpg

新幹線の輸送は、人が眠りに就いた真夜中にひっそりと行われる。
その輸送作戦には多くの人が関わり、絶妙なチームワークによって安全に運ばれる。

そしてそれを阻害しない様、われわれゴキブリパパラッチは、道路の端からカメラのファインダー越しにその作業を見守るのである。

DSC_1629.jpg
 
信号待ちで停車中の新幹線と偶然居合わせた一般車。
時速300キロで走る新幹線が真横に停まっている姿は、一体どんな風にドライバーの目に映っていたのでしょう?


2011.11.23 JR東海 東海道新幹線N700系Z77編成16号車 

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

12 01 ,2011  Edit


Back to top