1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 06 2011

Category: 私鉄・三セク   Tags: 東上線  

いつかの踏切で。

DSC_9805.jpg
成増~下赤塚 2011.6.30


東武東上線生え抜きの8000系原型顔、8111Fが6月30日、約48年間走り続けた東上線の定期運用から退いた。

最後は、往年の特急電車に取り付けられていた逆台形ヘッドマークが取り付けられ、平日の運転であったもにもかかわらず、沿線ではカメラを構える方の姿を多く見かけた。

昔、婆ちゃんの家に遊びに行った時、いつも電車を見ていた思い出の踏切で、感傷に浸りながらその姿を記録した。

この踏切に来たのも何年ぶりだろうか。。。
背景や、8000系の塗装は、あの頃と随分変わってしまったが、成増駅を出発した電車が、この踏切手前で顔を振るアングルは変わらない。

確か8時50分ごろに「特急さだみね」が下って行くのを皮切りに、9時ごろに7800形「寄居~池袋」通し運転の上り各停、その続行で秩父セメントの貨物列車、さらに続行で9000系(当時は、まだ新車で珍しかった)と、立て続けにネタ車が走ってくるのを、当時は、カメラも持たず、ただ踏切の傍らで見ているだけで満足だった事を記憶している。


DSC_9765.jpg   
東武練馬~上板橋 2011.6.30

DSC_9791.jpg
下赤塚 2011.6.30


今回取り付けられたヘッドマーク(池袋方のみ取り付け)は、小鳥の絵柄から察するに、「特急さだみね」を模したものか。懐かしいな。一大勢力を誇っていた8000系も、年々、その数を減らし、いよいよ全廃も近づいて来たようだ。
セイジクリーム塗装しか無かった東上線に、この塗装が現れた時は衝撃的だったが、あの更新された先頭車を見た時もまた驚きだった。そんな中で、この8111F編成は原型顔を今日まで保ってきた。数年前に行われたツートン塗装復活のように、今度はセイジクリーム塗装の復活を願いたいものである。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 30 ,2011  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: 八戸線  

八戸線

DSC_3364.jpg
JR八戸線は、沿岸部の一部区間で津波による被害を受けている。

DSC_3366.jpg
岩手県の沿岸北部、八木港近くにある陸中八木駅。海面から数メートル高い所にある駅だが、波は、このホームまで達して、駅名板を根こそぎ引っこ抜いた。

DSC_3371.jpg
駅構内に留置してあった保線用の車両は脱線転覆していた。しかし、周囲は静まり返り、復旧活動の気配が全く感じられなかったことが、一層の不気味さを増している。
なお、2011年6月時点で、八戸線のこの区間は、まだ不通のままだが、保守用車は既に撤去されている。
(以上3点、2011年4月8日撮影)

DSC_9156.jpg
2011.6.19 八戸線 八戸~長苗代

2011年6月下旬現在、JR八戸線は、八戸~階上間で運転が行われている。ちなみに国鉄色に塗装されたキハ40、48は久慈駅に留置されたままとなっていた。
階上から先の沿岸部を通る区間では、橋脚や線路が流失している箇所が有るため、復旧には相当の時間がかかるようだ。

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 28 ,2011  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: 陸送  新幹線  N700  

国道1号を走る新幹線

 
ひさしぶりに東海道新幹線N700陸送撮影へ出かけた。
昨年12月のZ62編成以来、実に半年ぶりだ。カンセン陸送では、1月のE5系はやぶさ以来の大物を撮る事になる。

なかなか先頭車陸送の日と、自分の休みが合わず、気がつけば半年のブランクが空いていた。
かと言って、そんな簡単に出向ける距離でも無いのだが…。
しかし、ありがたい事に今回は運転手を1名雇い入れ、ちょっと楽をして出掛ける事が出来た。
東名道は、節電の影響でほとんどの照明が消されており、陸送ルート沿道での消灯も懸念されていたものの、現地に着いてみれば、そんな心配は無用で、昨年末と同様の照明が維持されていた。


DSC_8329.jpg

愛知県の車両メーカーを搬出された新幹線車両は、途中、国道1号線を経てJRの浜松工場へ運ばれるのだが、「国道1号線を運ばれています」ってわかる写真は撮れないかと、アングルを以前から考えていた。

そして今回、ようやく撮れたのがこのアングル。大きく「国道1号」と書かれた道路標示と、前方に掛かる青い道路案内板によって、それが表現出来たと思う。
実は昨年末にここで撮ろうと待っていた所、道路工事だかなんかの影響で、陸送車両はいつもと違うルートへ迂回してしまい、撮影が出来なかったのでした。

DSC_8395.jpg
ついにZ69まで来た、東海のN700系。Z編成の増備は年度内に完了となるようだが、マイナーチェンジ版N700Aの製作が発表されたので、まだ暫くは撮影の機会が得られそうである。
さて、次に撮影出来るのはいつになることやら。

2011.6.15 
N700系Z69編成16号車

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 27 ,2011  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: 八戸港  

八戸港

DSC_3352.jpg  
2011.4.8 八戸港
あの日から100日が過ぎた。もう100日、、、まだ100日。。。
感じ方は、人それぞれだろう。

 ★★★ 続きはこちら »

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 26 ,2011  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: 陸送  新幹線  N700  

新幹線を運ぶ男たち

DSC_8266.jpg
現在も量産が続けられている東海道新幹線N700系Z編成。
愛知県の車両メーカーで落成した新車は、まず浜松市内の車両工場へ運ばれる。

その搬入方法だが、線路の上を運ばれるのではなく、一般道を通って運ばれるということは、
テレビ番組などで新幹線車両の陸送を取り上げられる機会が増えたことで、ご存知の方も多かろう。

DSC_8380.jpg
新幹線陸送は、深夜に行われる。
しかし、深夜とて、幹線道路の交通量はそれなりに多く、長さが25m以上もある車両を運ぶのは、なかなか容易では無いだろう。
新幹線車両を安全・確実に運ぶためには、多くのスタッフの努力が有り、その存在を蔑ろにする訳にはいかない。
DSC_8490.jpg
最も緊張する交差点の右左折。それを恙無くクリアさせる為に、スタッフの目が光る。

DSC_8723.jpg
普段、乗用車で走る際には何の支障も無い道路も、新幹線を運ぶとなると、そうもいかない。
車両の長さ、幅、高さ、内輪差にオーバーハングと、牽引する貨物の大きさもさることながら、作業が深夜であることも有って視認性が低下してしまう。

道路沿いの標識や縁石、ガードレール、歩道橋に他の交通など、気をつけるべき注意項目は、枚挙に暇が無い。
しかし、一番の要注意対象物は、われわれ追っかけカメラマンであろうか!?

SKYTで、「追っかけカメラマンに注意、ヨシッ!」なんて言われてしまってる気が、かなりする…(汗)。

DSC_8736.jpg
ヘッドライトを眩く光らせ、前頭部の動きに神経を集中させる。
その鋭い眼力に、もはや我々の入り込む余地など微塵も無い。


DSC_8792.jpg
16号車搬入のハイライト、バックでの工場搬入は、陸送ドライバーのかなりの腕の見せ所であると共に、われわれ追っかけウンコバエカメラマンにとって、かなりの見所である。絶妙な半クラッチを使いつつ、小刻みにハンドルを右に左に操りながらミリ単位で方向を修正し、工場の中へ進んで行く様は、もはや神業である。…なんて書くと、ドライバーさんにプレッシャーがかかってしまうか!?

来月以降も、華麗なる陸送ショー、激しく期待しておりまする!!!

2011.6.15 
東海道新幹線N700系Z69編成16号車

 ★★★ 続きはこちら »

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 25 ,2011  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

古いモノと新しいモノ

DSC_8284.jpg  
懐かしい1号丸型差出し箱
旅先で丸型ポストを見つけると、ついつい撮りたくなる被写体のひとつ。
愛知県でも、その姿を確認出来ました。
それも、新幹線の陸送ルート沿いに
この夜のZ69編成の陸送追っかけ撮影は、ここからスタートしました

2011.6.15 愛知県豊川市内にて。

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 24 ,2011  Edit


Back to top


Category: 私鉄・三セク   Tags: ---

レトロ復興支援列車

DSC_9231.jpg  
良く晴れた日曜日の昼下がり。
たんぼの畦で、三陸鉄道の列車を待つ。
2両編成で走って来た復興支援列車、今日はレトロ列車のおまけ付きでした♪

2011.6.19 三陸鉄道北リアス線 陸中野田~陸中宇部

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 23 ,2011  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

EF510-515号機、カシオペア初運用

DSC_7769.jpg  
大麦畑の向こう、青ガマ515号機が牽くカシオペアが、上野を目指して走り抜けて行く。

2011.6.12 JR東日本 東北本線 片岡~蒲須坂

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 21 ,2011  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

高速道土休日1000円割引終了~

ついに1000円割が終わった。
震災の復興財源確保のため致し方のない事だが、長距離利用者には誠にイタい。。

さて、その最後の週末、存分に1000円割の恩恵に与ろうと、夜勤明けの18日土曜日、東北道に飛び乗った。
最後の割引週末ということで混雑しているだろうという予測とは裏腹に、比較的スムーズに北上出来た。
そして翌19日未明、睡眠不足と座りっぱなしの疲労感にどっぷり浸かりつつも、無事に青森に到着した。東北道全線走破で1500円は、やっぱり安い。
DSC_9104.jpg
午前4時30分。車中仮眠から目覚めると、既に夜は明けていた。
まずは札幌を目指す北斗星を真横流しで撮る。カマはED79-9号機だ。
ED79も、ちょっと前までは快速「海峡」を牽いて、この界隈を行ったり来たりしていたのですが、いつの間にか目にする機会が少ない機関車になってしまいました。
このカマも、新幹線が開業したら廃車されてしまうのでしょうか?

DSC_9121_20110620223743.jpg
北斗星を撮影した後、リズミカルな蹄の音が何処からとも無く聞こえて来た。見ると、何やらラオウが乗る黒王号のような馬鹿でかい馬がソリを牽いて歩いて来た。

ソリに乗っていたおっちゃんに挨拶をし、「寒立馬ですか?」と聞くと、「ばんばだよ」との事であった。
後は色々と世間話をさせて頂いたのであるが、約5割については、強烈な津軽訛りのため、自分には到底理解出来んかった。

IMG_5508.jpg
場所を青森方に移動して、飛鳥第1踏切道より202列車「急行はまなす」を超望遠で狙う。
夏至間近のこの時期は、午前4時過ぎに日の出を迎えるため、通過時刻には列車に日が当たり、順光で撮影出来る。
ちなみに、急行はまなすが現場を通過するのは午前5時35分ごろ。

ここでもまた何人かのご近所の方に話しかけられたが、先ほどの方にも増して訛りがキツく、4割ほどしか理解出来なかった。しかし、こちらの方は、旅行者に対して本当に親切にしてくださる。

最後の定期夜行急行客車列車、また撮影しに来よう。

2011.6.19 JR東日本 津軽線 油川~津軽宮田

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 1   Trackback: 0

06 20 ,2011  Edit


Back to top


Category: 保存・放置車   Tags: ---

南三陸に翻る日の丸。

DSC_6802.jpg

DSC_68091.jpg

宮城県南三陸町役場の防災対策庁舎。
3階建てのビルだったが、津波によって、鉄骨を残すのみとなってしまった。

この庁舎から南三陸町の住民に向けて、高台への避難を繰り返し呼びかけ続けた役場の女性職員がいた。

迫り来る津波の中、命を賭けて最後の最後まで放送を続けたが、
この防災対策庁舎の屋上まで押し寄せた桁外れの津波に浚われて、若き命を落とされた。

最後まで持ち場を放棄せず、職務を全うした責任感の強さに敬意を表するとともに、
彼女のご冥福を、心からお祈りさせていただきたい。


その防災対策庁舎の周りには、たくさんの日の丸が翻っている。
それぞれの旗には、メッセージが込められ、南三陸町の復興活動への励みになっていた。

日の丸については、以前から諸問題が取り沙汰されているが、
日本人としてのDNAがそうさせるのか、被災地で日の丸を見た時、
心から何か込み上げるものを感じた。

こんな状況下でも、日の丸を見ると、夢や希望を感じさせてくれた。

日の丸には、そんな不思議な力がある。

 ★★★ 続きはこちら »

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 12 ,2011  Edit


Back to top


Category: 九州   Tags: ---

指宿枕崎線

DSC_7070.jpg
▲キハ147-1032+キハ47-5126
 
昨年10月以来、約8ヶ月ぶりに指宿枕崎線へ行く機会が有った。
折しも台風2号が接近しようとする悪天候の中だったが、
そんな天気でも遅れる事無く、九州色のキハ2連が枕崎駅に到着していた。

DSC_7066.jpg 
枕崎駅に来るのは2008年の秋以来、3年ぶりか。
あの時は、駅入口が随分わかりにくくなったという印象を受けたが、
今回行ってみたら、何やら入口を示す立派な看板が立ち、道も若干拡幅されていた。
→2008年訪問時の枕崎駅

 
DSC_7100.jpg   駅構内には、日本最南端の始発・終着駅を表す様々な看板が。
いや、こんなに建てんでもいいだろww

手前の木製看板は、稚内駅に有るものを模したものですな。

車止め標識は、相変わらず派手なJR九州サイズである。

 ★★★ 続きはこちら »

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 12 ,2011  Edit


Back to top


Category: 東海   Tags: ---

ドクターイエロー

DSC_7671.jpg
6月期の小便小僧くんは、梅雨時らしく、黄色い雨合羽に青のズボン。

ドクターイエローとお揃いのカラーだよ♪

19時前、勤め帰りのサラリーマンやOLらで混雑する浜松町駅付近を

博多出張帰りのドクターイエローT5編成が通過する。

こんだけホームに人が居る中でカメラを構えるのは、ちょっと恥ずかしいものがあるな…。


2011.6.8
 浜松町駅 

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 09 ,2011  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

★彡ふたつの流れ星☆彡

DSC_7308.jpg
DSC_7320.jpg

C61撮影の前に、ちょっと東北本線に寄り道して朝練を♪

田んぼの畦から、築堤上を走る2本の寝台列車を真横から撮影してみた。

まずは、ひとつめの流れ星、 寝台特急カシオペア☆☆☆☆☆

朝日に照らされたシルバーの車体を輝かせて

EF510-509号機を先頭に、E26系客車が定刻に通過して行きました  ☆彡



そして、その20分後。

DSC_7344.jpg
DSC_7348.jpg

ふたつめの流れ星は、これまた北海道からの寝台特急北斗星☆☆☆☆☆☆☆

通過時刻は7時48分。

食堂車では、ちょうど朝食の時間らしく、料理に舌鼓を打つ乗客の姿が見える。

楽しかった北海道旅行の話でもしながら…

はたまた、これからの東京観光の話でもしながら、

残り数時間の寝台列車の旅を楽しんでいる事でしょう。

あ~、俺も乗りてえなあ。。。



2011.6.5 JR東日本  東北本線  片岡~蒲須坂

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 08 ,2011  Edit


Back to top


Category: 保存・放置車   Tags: ---

志津川のC5816

DSC_6839.jpg
C6120号機復活という明るいニュースの裏で、先に発生した大震災による
津波の被害を受けた蒸気機関車が有る。

宮城県南三陸町の松原公園内で保存されていたC5816がそれだ。

DSC_6826.jpg
昭和13年川崎車両製造。
北海道に配置後、東北、関西で活躍後、晩年を会津若松区で入換え機として働き、
1975年1月に廃車。その後も会津若松区で保存された後、1978年5月、旧志津川町に
貸与、以降、松原公園で保存されてきた。

DSC_6827.jpg
機関車が保存されていた松原公園は、志津川湾に面した所に有る。
C5816号機が置かれていた場所には、機関車の姿は無く、湾曲したレールと、昭和35年に発生したチリ地震津波の水位を表す看板が倒れかけていた。

重量が75トンも有るC5816号機は、押し寄せた津波によって流され、この場所から20mほど先の、松原公園脇の道路を半分塞ぐ形で、横転していた。

機関車に半分塞がれた道路は、瓦礫や土砂を積んだトラックが、町と公園の裏手に有る瓦礫集積場を頻繁に往復していた。それにもかかわらず、C58は道路を塞いだまんま放置されている。
機関車は町に貸与されている物であり、撤去は町の判断で行われると思うのだが、5月末現在もなお、撤去されておらず、トラックは、横転した機関車を避けて通行していた。
もしかしたら、町は、いずれC5816号機を津波被害の遺物として、再び松原公園に保存する…なんてことが有るのかも知れない。

2011.5.21 宮城県南三陸町松原公園 


※残念ながらC5816は保存される事無く、2012.7.25から現地解体作業が行われた模様です。

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 07 ,2011  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

復活C6120

DSC_7386.jpg  

見事に復活を果たしたC6120を撮りに行ってみた。
向かったのは上越線八木原~渋川の有名アングル。

実物を見た時の感動を大きくしようと、本運転を見るまでは極力、
YouTUBEや雑誌などのC6120関連情報は見ないようにしてきた。

現地到着、午前9時過ぎ。

おおっ、すでに踏切横の道路端には、何十人ものカメラマンがカメラを構えている。
こ~いう、鉄道ファンが集う撮影地に赴くのは、何だか久しぶりな気がする。

車を砂利場に停めるや否や、何処からとも無くけたたましい笛の音が
上州の風に乗って、我が耳に聞こえて来た。

音源を探すと、少し離れた路端でカメラを構えるグループの1人が吹いたようで、
どうやら、彼らのアングルに自分の車が入ってしまっているようだった。
いやぁ、自分とした事が人さまに㌧でもない迷惑をかけてしまうとわ、全く面目ない。

頻りにこちらへ向かって、ジェスチャーで両手を真横に動かしている。
「どいてください」…というか、
「早よ、どかんかい!」的な、熱り立ち様だったので、こりゃ
しばかれては堪らんと、車を移動して差し上げた。

閑話休題。林立する三脚と、居並ぶ鉄人達を横目に、
踏切から離れた人気の無い場所に腰を据ゑた。
ここなら、2C2のハドソン型軸配置が、真横から撮れそうだ。
踏切付近のお立ち台には続々とカメラマンが集結している。
SL通過前には、その数、70~80人ほどになっていた。

踏切の向こうからは、相変わらずけたたましい笛の音と
車のクラクションが、上州の風に乗って我が耳にまで聞こえてくる。
その直後、その喧噪を掻き消すほどの大きな汽笛の音が聞こえて来た。

初めて見るC61型蒸気機関車の力強い走り。
やはり蒸気機関車には旧型客車がよく似合う。
C61の動きを追いながら、1/60秒でシャッターを切り続ける。
う~ん、シブい!!
C61は、黒い煙と、石炭の焼ける匂いを残して、颯爽と走り去って行った。


2011.6.5 JR東日本  上越線  八木原~渋川 

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 05 ,2011  Edit


Back to top