1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 07 2010

Category: 動画   Tags: ---

【動画】自衛隊機材輸送使用貨車返却回送【北海道】


動画です。
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 1

07 31 ,2010  Edit


Back to top


Category: 動画   Tags: ---

【動画】自衛隊機材輸送2010 in 北海道【往路】


道内の動画です。

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

07 28 ,2010  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

自衛隊機材輸送使用貨車返却回送

7月4日、協同転地演習に使用される機材輸送に使用された貨車の返却回送が行われました。
この日も朝から沿岸部では霧が出ており、丘俯瞰は諦めて、その先の尺別駅で待つ事に…。

上り方面の信号機が青になり、音別方の踏切が鳴り出すと、ホームには列車の接近を知らせる自動アナウンスが流れた。
そして、それまでの静寂を破り、尺別の原野を駆けてくるDD51のエンジン音と、それに続く貨車の金属音が遠くから聞こえて来た。
IMG_8686.jpg 
IMG_8694.jpg 
▲ ▲▲尺別にて。

ちんたらと機材を片付けて、車で後を追う。
厚内に停車中の列車を追い抜いて、そのまま上厚内まで先行。
カミアツ手前の国道脇踏切にて、カメラを構えて待つ。
ここではアウトカーブ側から、直線区間を走ってくる列車を300mmで撮影してみた。ヘッドライトに眩惑されてAFが合わないかも…と、ちょっとビビリが入り、ここはマニュアルでピントを調整しながらシャッタを切り続けた。

正面からのアングルなので、後ろの貨車はよくわからなくなってしまうが、夏場にしては草もあまり生い茂っておらず、意外とすっきりとした写真が撮れた。
ちなみに、レベルを少し稼ぐために、レンタカーの窓枠に乗って撮ってます。
IMG_8708.jpg 
▲厚内~上厚内

再びレンタカーに乗り込み、国道38号線を西へ走らせる。
線路と国道は、浦幌付近で少し距離が離れるが、それ以外はほぼ平行に走っている。
列車の影を追って走るが、全然その姿を確認出来ずに、豊頃まで来てしまった。
豊頃にまだ到着していない所を見ると、どうやら知らぬ間に途中で抜いてしまっていたようだ。

少しすると、彼方にDD51のヘッドライトが見えた。駅手前で減光し、速度を落として駅に進入。ここでは、先般、首都圏色に改められたキハ40 777と交換のため、暫しの停車だった。
IMG_8741.jpg 
▲豊頃にて首都圏色のキハ40-777と交換。DD51こそ原色ではないものの、国鉄時代のような交換風景を見る事が出来た。

2010.7.4撮影

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 27 ,2010  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

新幹線N700系Z54編成16号車および15号車陸送

7月中旬、愛知県豊川市の日車から静岡県浜松市のJR浜松工場まで、N700系Z54編成が陸送されました。
今回は、先頭車両の搬出が土曜日未明と言うことも有り、ルート各所では子供から大人まで、多くのギャラリーらがカメラを構え、新幹線陸送の関心度の高さを窺い知ることが出来ました。

梅雨時の最中で雨が心配されたのだが、幸い1滴の雨にも降られること無く済みました☆
毎回、様々なアングル探しに奔走しているところで有りますが、今回も極力以前撮影したものと被らないような構図を…と考えていたのですが、下見をする時間も無く、消化不良気味の夜となってしまいました。
浜工への陸送は、距離が長いため、まだまだ撮りたいアングルはたくさん有るのですが、如何せん、1回の陸送で撮影出来る回数には限度が有るので、少しずつ、時間をかけて今後も撮影をして行きたいと思う次第でございます。


午前1時搬出。日車正門前では、待ちわびた多くの人々が盛んにカメラのシャッターを切っていた。
IMG_9008.jpg 
▲たくさんのギャラリーが門前に結集。自分は、ちょいと離れた所から望遠レンズで、誘導員とZ54の前頭部を撮影。

正門前で数カットを撮影後、スタッフらの邪魔にならないように裏道を経由して、次のポイントへ移動。

DSC_6127_20100718110657.jpg
▲「ようこそ豊橋へ」。  看板と絡めるのが結構好きなんですわ。
ただ、ここはとても暗くて、頼りになるのは1本の街灯と、後続車のヘッドライトくらい。。。

誘導車のヘッドライトが、新幹線のノーズと、上部の看板を照らしてくれるだろうと予測して三脚を据え、撮影した。

おつぎは恒例の交差点へ。
皆さんが集まるアングルを避けて、交差点を通り過ぎたあたりで車を停める。

DSC_6152.jpg
▲お馴染みの守下交差点。正門前に次いで、ここもギャラリーが多い。歩道橋上には既に何人もの方がカメラを構えていらっしゃった。
ここでは、対向車の目線で撮影を試みてみた。離れた場所からの撮影になるので、少々、露出に不安が有ったのだが、幸いにも1枚だけ、歩道橋上で撮影されていた方のフラッシュに同調して、車両側面に光が当たってくれた。

突然こんなものが目の前を横切ったら、通りすがりの方はやっぱり驚くのかな?

新幹線が左折を終える前に、自分は次のアングルへ移動を開始。ここでも裏道を経由しての先回りである。
陸送追跡では、車両後部に張り付いていたのでは撮影出来ないし、スタッフらの目障りにもなるだろう(←一応、気ぃ遣ってます)。狭隘な側方を無理に追い越すのも少々忍びない。陸橋やカーブ等では、抜くに抜けないことも多々有る。
ゆっくりと走るトレーラーは、裏道などを使って追い抜いた方が、意外と効率が良かったりする。そんな裏道を、地図と睨めっこして探し出すのも、陸送撮影の醍醐味である。


DSC_6191.jpg 
▲潮見坂アングル。相変わらず撮影には辛いコンディションである。
感度4000 F3.5 1/13で真横流しをしてみました。

IMG_9032.jpg 
▲バイパスを降りてすぐの交差点は、今回はパス。
その先、東海道線を跨ぐ橋の袂でカメラを構えて待つ。200mmで橋を越える新幹線を後追いで撮影した。
街灯の明かりが、スポットライトのように新幹線のフロントを照らしてくれる。

DSC_6299.jpg
▲土曜日と言う事も有ってか、浜松工場付近においても、大勢の見物人が先頭車の到着を待ち構えていた。

DSC_63911.jpg 
▲遅れる事30分ほど。15号車も浜松工場へ無事に搬入された。
早朝のウォーキング中に偶然陸送を目撃したと言う、近所に住む男性Aさんは、25mの巨艦が交差点を曲がる光景に遭遇し、暫し金縛りに遭っていた。

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 1   Trackback: 0

07 19 ,2010  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】地下鉄車両   Tags: 東西線  

東京メトロ東西線05系陸送

7月16日金曜日の夜。
余裕を持って現地に到着したが、搬出間際にアクシデントが発生した。突然、腹が痛くなり、近くに有った西友の便所に駆け込む。間一髪で、自損事故を免れる事が出来た。
…が、直後に友人から搬出開始と、携帯に入電。素早く踵を返し現場へと戻る。
DSC_6450.jpg

DSC_6458.jpg 
狭いS字路をゆっくりと進み、車両を運び出す。周囲は静かな住宅街だが、噂を知った住民の方々がちらほら、その様子を見に来ていた。

DSC_6474.jpg
続いて後続の車両が搬出され、公道に出た後に暫し停車。
この間も、目の前のマンションに住む奥さま方が、盛んに写真やビデオを撮られていた。



そして陸送お立ち台の橋へ友人と先回りし、先行車を待つ。
橋は深夜でも明るいので、撮影するには助かる場所だ。 
しかし新型AEの時もそうであったが、ここは夜でも交通量が非常に多い。被るか否かは運次第である。


そして数分後、青ランプを光らせた先導車に続いて05系がやって来た。
ちらっと後方を見ると、運良く赤信号で車の流れが止まってくれていた。よしよし。
撮影が終わり振り返ってみると、深夜にカメラを持った怪しい我々の姿に気づいたのだろうか?幾人の方が、携帯を手に、赤信号で停車中の電車を撮影されていた。

DSC_6503.jpg
ISO4000 1/20sec

週末、そして時間帯もそれほど遅く無いためか、ここまでの道中でも偶然、陸送を目撃された方々が、並走する車中から、或いはタクシーの後部座席から、はたまた歩道から携帯で写真を撮っている光景を目にした。鉄道に興味の無い方でも、陸送は珍しく感じるのかな?

さて、この先はタクシーとの闘いである。溢れる空車タクシーの間隙を縫って、ひとまず先を目差す。

東京タワーは?…
残念ながら消灯されていたので、タワーお立ち台はパスし、次のアングルへ向かった。

DSC_6569.jpg
ISO3200 1/30sec

DSC_6578.jpg
ISO4000 1/20sec

DSC_6597.jpg
長きに渡る陸送もクライマックスに入り、プラントバックの90度カーブにて撮る。
ここは真っ暗で、感度を思いっきり上げて撮影。さすがにノイズが目立ちます。

DSC_6627.jpg
程なく後続車もカーブにさしかかる。
メトロ仕業はまた機会が有ったら撮りに行ってみよう。

2010.7.16/17撮影

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 18 ,2010  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

石勝線~真夜中のマヤ34

7月2日の夜、自衛隊機材を積んだ臨貨を追って、追分から石勝線沿いに東へ向かっていた。
臨貨自体は、ことごとく撮影者泣かせな所で停車をくりかえし、ゆっくりと石勝線を下っていた。
そして、私のレンタカーがちょうど占冠駅に着いた時、上り方面からヘッドライトがゆっくりと近づいてくるのが見えた。暗闇に浮かぶのは2灯の光。おっ!DDか?と、喜び勇んでカメラを引っ掴んで車を降りると、列車は占冠駅に進入して来た。ホームの灯りに照らされて浮かび上がった車体は、原色のDD!!かと思ったら、DE15-1533だった。

なんだなんだ?と思いきや、後ろに付いていたのはマヤ34-2008!おお、昨年の江差線以来の再会である。
道東方面を検測し、札幌へ戻る途中なのだろうか?いやいやこれはラッキーであった。

DSC_5655.jpg

DSC_5664_20100715103905.jpg
DE15-1533+マヤ34-2008 占冠駅 2010.7.3 AM0時過ぎ

マヤは、3058列車および自衛隊機材輸送列車との交換後、ゆっくりと発車して行きました。

【関連記事】
江差線マヤ検測往路編
江差線マヤ検測復路編

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

07 13 ,2010  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】新幹線車両   Tags: ---

JR東海 新幹線保線作業用車両陸送

所用で羽田空港に行く道中、環七で陸送車を発見。
ちょうどカメラを持っていたので、撮影させて頂きました。
DSC_5551.jpg
DSC_5549.jpg
以前も見た事が有ったのだが、その時は確か「JR」のロゴ部分にテープが貼られていたと思う。

2010.7.2 東京都品川区内の環七通りにて

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 6   Trackback: 0

07 11 ,2010  Edit


Back to top


Category: 貨物・臨海鉄道   Tags: ---

マル転2010の積み荷

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

 

07 10 ,2010  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

自衛隊機材輸送列車を追う。(2010年往路編)

7月2日、夜勤明けでふらりと羽田APへ。
いつも愛用の7:40発エアドゥ機に乗り込み、北を目差す。

実はこの日、九州・熊本で九州新幹線N700系8000番代第1編成の陸送が有り、どっちへ行こうか迷ったのだが、梅雨真っ最中で天候が思わしく無い事、口蹄疫問題のこと、何より予算のことなど、諸々の事情を勘案した結果、北海道1本に絞る事とした。
毎年恒例の自衛隊機材輸送列車を追いかけて北海道へ行くのは、2年ぶりの事である。

あの時は天気に恵まれたが、今回は残念ながら雨予報である。しかし、淡い期待を抱き、まずはレンタカーで室蘭方面を目差して道央道をひた走った。

今回はどこから始めようか?あれこれ考えた末、まだ行った事が無かった北入江信号所のS字俯瞰でやることにした。現地へ到着すると、さっきまで降っていた小雨は止み、薄日が射し始めた。しかし、この場所、アングルは素晴らしいのだが、虫が凄い。虫に刺されるのは慣れっこであるが、やたらとダニがまとわりついて来やがる。

被写体といい、アングルといい、関東だったら雛壇が出来ていても可笑しく無いのだが、先客は札幌から来られた方1名のみであった。

暫し談笑をしていると、列車の通過時刻が迫って来た。それと同時に、追っかけ組と思われる方が2名到着された。そのうちの1名は、一昨年に北海道でレンズを忘れた際にコメントで情報をくださった関西のHさんであった。2008年の機材輸送復路以来の再会だ。あの時は本当に色々とお世話になりました。

そうこうしているうちに踏切が鳴り出し、DF200の唸り音が近づいて来た。

IMG_8441.jpg
▲200mmでS字を走り抜ける列車を撮る。今年の貨車はチキ8両にトラ5両。後ろが切れる事無く、うまく画面に収まった。

このあと、洞爺湖のメジロ牧場で馬を見学し、いつも立ち寄る伊達紋別の鶴つる亭でみそラーメンなんぞを食べ、東室蘭操車場に留置中の貨車を覗き見してから、再び千歳方面を目差す事とした。

夜勤明けで殆ど寝ずに、カメラかハンドルを握り続けること10数時間。新得にて遂に力尽き、そのまま車の中で寝てしまった。僅か数時間の仮眠ののち、再びハンドルを握って帯広市内へ向かった。

深夜の石勝線を通り、狩勝峠を越えた貨物列車は、翌日には帯広までやって来ていた。
暫く動く気配がなかったので、市内を抜けてひとまず池田方面へ向かい、タラコ色キハ40を撮影して時間を潰す。。。

やはりキハ40はこの色が似合う。JR西日本に倣い、是非とも全車タラコ色化を願いたい。

DSC_5719.jpg
▲池田駅でタラコ色キハを撮影していると、列車が入って来た。牽引機は、東室蘭操にてDFからバトンタッチされたDD51-1086だ。

DSC_5728.jpg
▲根室本線と平行する道道で手頃な場所を探し、十弗付近にてじゃがいも畑の中を行く列車を撮影。(昭栄信~十弗)
DSC_5757.jpg
▲途中、普通列車との交換で停車している機材輸送列車をデジカメで撮影するご婦人。カメラはいつも携帯しているのだろうか?随分と用意がいいではないか。

IMG_8663.jpg 
▲浦幌~常豊(信)間の踏切から、直線区間を迫りくる貨物列車を、300mmで真正面から狙う。
高さを稼ぐために、レンタカーの窓と屋根に足をかけて撮影してみた。

DSC_5821.jpg
DSC_5848.jpg DSC_5843.jpg

DSC_5854.jpg IMG_8621.jpg DSC_5837.jpg 

DSC_5846.jpg DSC_5847.jpg

DSC_5799.jpg DSC_5845.jpg 


DSC_5834.jpg
▲貨物列車交換のため厚内に停車する臨貨。雨の降りは益々、勢いを増して来た。

ちなみに駅跨線橋では、自分が道東地方撮影行の際に、いつも参考にさせていただいているHPを運営されている管理人さんにお会いする事が出来た。僅かな時間であったので、挨拶程度のお話ししか出来ませんでしたが、とても貴重な時間でありました。

厚内撮影後は、2年前にも撮影した尺別の丘へ。しかしながら、厚内の海沿いを走り始めると、いきなりの海霧に視界を遮られる。う~む、嫌な予感。。。

DSC_5870.jpg
▲その予感は見事に的中し、お立ち台からのアングルはホワイトアウト。
他の皆さんは、別のアングルに散って行ったようでした。私は渋とく、丘にへばりつきマル転を待つ事に。
そういえば、2年前に来た時に、ここの丘に子ギツネが居たのを思い出した。試しに口笛を吹いてみたら、もの凄い鳴き声と共に、大きなキツネが駆け下りて来た!ここの丘は、すっかり成長したキツネの縄張りになっていたようです。

やがて、彼方からホイッスルの音とともに、貨車のカタカタ音が聞こえて来た。しかしヘッドライトは見えず。
どこら辺を走っているのか?感度3200。シャッタスピードは1/30秒。僅かに見える、眼下の線路に置きピンをして待つ。貨車の走行音がどんどん大きくなり、突然、霧中からDD51のヘッドライトが姿を現した。

一応、シャッターは切ってみたものの、ほとんど荷は何かわかりませんな…



DSC_5884.jpg
▲夜の帳がおりた無人駅。
列車を降りた通勤通学帰りのお客さんは、向かいのホームに停車中の見慣れない貨車に驚いていたようである。
夜霧が立ちこめる中でこんなもの見たら、誰だって驚くだろう。

降りて来た方々に、「戦争が始まるらしいですよ」と言おうと思ったが、大きな問題になるといけないので、取りあえず黙っておきました。

DSC_5894.jpg
▲推定、日本最長距離運転の貨物列車は、漸くゴールの新富士駅に到着した。
駅周辺には重油のような匂いが漂う。
自分が初めて北海道に来た時…今は無き、東京~釧路を結んでいた近海郵船フェリーから、バイクで釧路港に降り立った時と同じ匂いである。

DSC_5900_20100709170208.jpg
▲駅では既に隊員たちが待機しており、すぐさま機材の取り卸しが開始された。
隊員らの冷たい視線を気にしつつ、バシバシとシャッターを切り続ける私。

DSC_5902_20100709170208.jpg
▲トラの側扉が開かれ、機材が露になった。

DSC_5911.jpg
▲機材の取り卸しは夜を徹して行われ、明け方までには全ての機材搬出が終了していた。

不眠不休で釧路まで辿り着き、雨に濡れ、蚊と虻とブヨに体を刺されまくり、心身ともにボロボロになった私は、新富士駅近くの回転寿司「なごやか亭」で手短かに夕飯を済ませ、暫し、狭い車中にて仮眠をとることとしたのである。

2010.7.2~3撮影

関連記事
自衛隊機材輸送2006往路
自衛隊機材輸送2006往路2
自衛隊機材輸送2008復路

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 4   Trackback: 0

07 09 ,2010  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: 自衛隊機材  

自衛隊機材輸送2010

DSC_5566.jpg
とりあえず1枚。

のこりは後日。。。

2010.7.2 室蘭本線 北入江信~有珠

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 07 ,2010  Edit


Back to top


Category: 動画   Tags: 自衛隊機材輸送  

【動画】自衛隊機材輸送@2010【往路】


今年も恒例の臨時貨物が運転されました。
私のビデオカメラが列車通過直前に動作不良に陥ってしまったため、友人がEOS5Dで撮影した動画を拝借。
そろそろビデオも買い換え時でしょうか?

さて、北海道に行くとするか。

2010.6.30 武蔵野線 西浦和

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

07 01 ,2010  Edit


Back to top