1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 06 2009

Category: 北海道   Tags: 貨車  

道東に眠る貨車

北海道を車で走っていると、稀に懐かしい貨車に遭遇することがあります。
殆どは倉庫などに使用されていたりするものですが、思いもよらない所で貨車を見つけると、ついワクワクしてしまう貨車好きな私です。
知床貨車
▲知床の羅臼を過ぎたあたりだったかな?記憶が朧気なのですが、懐かし貨車が放置されておりました。
中央のワム60000は「61103」と思われます。

知床ワム2
▲こちらはワフ29500(30001のようです)。「札」という表記が僅かに確認できます。

知床ワム
▲白帯を纏ったワム80000?は配給車か救援車として使われていたのか?

110-1006_IMG.jpg
▲ワフ29593?。「函」の字がうっすらと確認できます。

83910.jpg
▲ワム63919。懐かしい黒貨車です。これは辛うじて「救援車」の表記が確認できます。
これは落石あたりで見かけたと記憶しているのですが…。

レム女満別5730
▲これは女満別で見つけたレム5000(5730?)。廃車時期を考えれば、塗装もオリジナルのままだし、綺麗な方ではないでしょうか。

2003.9.3撮影
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 16 ,2009  Edit


Back to top


Category: 私鉄・三セク   Tags: ---

伊予鉄向け3500形

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

 

06 14 ,2009  Edit


Back to top


Category: 動画   Tags: 江差線  マヤ検  マヤ34  

【動画】江差線マヤ検2009春


2009年春に行われた江差線マヤ検測の動画版です。CAM老朽化のため、一部映像に乱れが生じております。

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 06 ,2009  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: 夢空間  越谷  陸送  

夢空間客車オシ25-901陸送準備【午後の部】

午前中は客車を仮置き台まで移動させて、あとはずっと床下部の工事が行われていた。
恐らく午前の部は、このまま床下作業が続き、そのまま作業員の皆さまは昼休みに入るであろうと判断。ひとまず脚立・傘・カメラを抱えてその場から撤収した。腹が減ったので近くのコンビニへ買い出しである。

…20分ほどして再び現場へ舞い戻ると、思わず目が点になった。作業自体は案の定、昼休みに入っていたのだが、驚いたのは現場を見下ろす陸橋上にカメラを構えたご一行が溢れていた。一体、この20分の間にどこから集まってきたのだろう?幸い、作業場を見下ろせるアングルにはまだまだ余裕が有ったので、早々に昼飯を貪り、再び橋上に脚立を据えて午後の撮影に備えた。雨もほとんど止み、傘を差す必要もなさそうだ。

そして12時半を過ぎた辺りから、再び作業が始められたのである。

越谷天秤10
▲時ならぬカメラマンの群れに、通りがかりの老夫婦も思わず隙間から様子を窺う。
2越谷天秤33
▲そして、その視線の先では午前に引き続き、床下作業が行われていた。
2越谷天秤36
越谷天秤8
陸送は深夜に行われる。特大貨物を輸送するにあたって、車体の周囲には、その存在を示すためのチューブライトが取り付けられる。陸送には欠かせないアイテムだ。
越谷天秤9
▲ロープで固定される連結器。
2越谷天秤45
▲こちらでは酸素ボンベが準備されている。何に使うのでしょうなあ?
2越谷天秤47
▲正解は陸送用台車の上に載せられたH鋼をバーナーで加工するために使用されるのである。
越谷天秤6
▲ひと通り床下作業が終了し、再び夢空間が宙に浮く。そして仮置き台が外される。
越谷天秤11

2越谷天秤55
陸送用台車を作業員らが手押しで車体の下へ潜り込ませる。
2越谷天秤51
▲そして前側にも台車が履かされる。
越谷天秤_019
▲無事に前後の陸送用台車が履かされて、オシ25の搬出準備が整った。
越谷天秤_010
▲ゆっくりと切り返しながら、構内を移動する。
越谷天秤7
▲車体を吊っていたワイヤーが片付けられる。重量があるため、二人でないと運ぶのは難しい。
越谷天秤_009
▲さて、線路上に残された台車も一緒に搬出しなければならない。
越谷天秤13
▲台車に通した極太の紐をクレーンに引っ掛けて…
越谷天秤14
▲ゆっくりと吊り上げる。
越谷天秤15
▲輸送用10t車の荷台に載せられた台車。
越谷天秤_011
▲続いてラウンジカーのオハフ25-901が手押しで吊り上げ位置へ移動された。
越谷天秤_012
▲1日目の作業はここまで。続きは翌日に行われた。
越谷天秤_014
初日の行程が終了した後の構内。
この翌日(5/31)、オハフ25の吊り上げ・陸送台車への積載が行われた。
そして日付が変わって6月1日未明、2009年9月にオープン予定である新三郷ららぽーとの設置現場へ向けて陸送・搬入が行われた。この地は元々、武蔵野操車場という広大な土地であった。鉄道の町という記憶を後世に伝えようという考えのもと、三井不動産とJR東日本の首脳による話し合いで、車両の譲渡が実現したという。これからは新天地で末永く愛されることであろう。
ちなみに今日現在、夢空間の残り1両(オロネ25-901)の処遇は決まっていないという。


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

06 01 ,2009  Edit


Back to top