1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 04 2009

Category: 私鉄・三セク   Tags: 富山地鉄  レッドアロー  北陸本線  485系  

魚津で電車を撮る。

まずは富山地鉄本線の栃屋駅にて、元西武レッドアロー車を撮影。
2とちや
▲こぢんまりとした駅の目の前に水田が広がる。

続いて夕闇迫る富山地方鉄道本線と北陸本線が併走する魚津界隈へ。
2富山地鉄
▲14760形富山地鉄オリジナル車。電鉄黒部行きがゆっくり走ってきた。

水仙
▲元西武レッドアロー5000系の16010形電車。池袋や新宿で現役時代の姿を見ていた自分には、2両で走る姿に些か違和感を感じる。
西魚津~越中中村間にて

2485系
▲ここでは富山地鉄と、その向こう側の築堤上を走る北陸本線を同時に撮影できて二度おいしい。尤も、この区間ではチューリップ畑と絡めたアングルが有名だが、この時は既に収穫後で、な~んも無かった。くっそ~!
妥協してここにしたのだが、夕暮れ時は意外と画になるかも。
2009年4月23日 魚津~東滑川
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

04 30 ,2009  Edit


Back to top


Category: 西日本   Tags: 北陸本線  475系  419系  

北陸本線高岡付近で。

4月の富山県と言えば何と言ってもホタルイカと蜃気楼である。
GW前の4月のある日、それらを堪能しようと一路、北陸へ向かった。実に8年ぶりにこの地を踏んだ。
天候は訪れた3日間のうちで初日はまずまずだったが、あとは曇天か雨天。撮影にはほとんど向かない天気だった。さらにお目当てのホタルイカと蜃気楼にとっても悪条件であったため、残念ながらその姿を拝むことは出来なかった。
ホタルイカに関しては、滑川観光協会がホタルイカ漁の海上観光船を深夜に出航させているが、私は僅かな乗船代※をケチって乗船しなかった。「港に迷い込んできたホタルイカが見られればいいや!」という甘い考えのもと、厚手のジャンパーを着込んでまで寒い深夜の八重津浜界隈を小一時間徘徊するも、幻想的なその青白き姿を見ることは出来なかった。

やがて夜も明け、失意のうちに高岡~西高岡間の定番アングルに移動したのである。
田園地帯に架かる陸橋の下が撮影地で、ここでは上り・下りとも走行写真を撮影できる。なお、光線は午前中だ。

2能登
▲早朝6時前になると、「日本海」「北陸」「能登」と、上りの優等列車が次々とやってくる。

2EF510貨物
▲陽が差すと、正面はつぶれてしまうが、貨物列車のような長編成でもちゃんと後部まで写し留められる。200mm相当で撮影。

2トワイライトエクスプレス
▲8時過ぎ、札幌からのトワイライトエクスプレスが通過。28mm相当で撮影したが、列車の速度が速く、シャッター速度に注意したい。

食パン2
▲食パン電車こと、419系も走ってくる。国鉄臭バリバリである。

2EF81-455貨物
▲EF81 455牽引貨物列車。同位置から金沢方に振り返ると、こんな感じで撮影できる。

2455系
475系デカ目ライト車6連。後追いで。

国鉄色
475系国鉄色!(クモハ475-46+モハ474-46+クハ455-60)

2はくたか
▲最初の場所から金沢方向へ数百メートル移動したアングルがこれ。主に下り列車の撮影がメインとなる。直線区間を走ってきた列車が首を振ったところを200mmで狙える。
ただし、ちょうどこの真上に陸橋が出来る予定であり、ここで撮影できるのも僅かとなろう。

2683系
▲683系2000番台と8000番台がすれ違う。

2北越
▲485系3000番台「北越」。

2009年4月24・25日 北陸本線高岡~西高岡

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 16   Trackback: 0

04 30 ,2009  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: 常紋峠  石北本線  

石北本線常紋峠146キロポスト

3月上旬の常紋峠。早朝の気温は氷点下16度。水の入ったペットボトルを雪の上に放置しておくと、10分もすれば氷が浮き始める。前日まで宗谷・石北本線のラッセルを追いかけていたが、この日はDD51が牽引する石北じゃがいも臨の撮影をしようと、前夜から現地マルヨを敢行した。

生田原側から林道を進むこと数キロ、冬期閉鎖中の踏切手前に、乗用車5台ほどが停められるスペースがある。
常紋駐車場
常紋踏切
▲駐車スペースから歩くとすぐに踏切があるが、冬期間は閉鎖され、雪が積み上げられている。
ポイント
▲踏切を越えて歩くこと数キロ、146キロポスト付近のお立ち台に到着。三脚など機材一式を担いでの雪中行軍は、氷点下でもうっすら汗ばむほどの肉体労働である。樏(かんじき)や膝くらいまである長靴は必携だ。
ウヤ
▲お立ち台から定番アングルを望む。晴天順光、あとは列車が来るのを待つだけ。
…ところが、通過時刻になってもDD51が峠を登ってくる唸り音が一向に聞こえてこない。遅れているのか?隣で撮影されていた方に調べてもらうと、何とこの日はウヤとのこと。仕方なく登ってきた雪道を引き返すことに…。天気はいいのに、惜しいのう…。
常紋オホーツク
▲後追いだが、現場について間もなく走ってきた網走発上りオホーツク。撮影出来たのはこの一枚のみでした。また来季にチャレンジ!
2009.3.1

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 1   Trackback: 0

04 12 ,2009  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】私鉄・三セク車両   Tags: 陸送  井の頭線  3000系  3722  

京王井の頭線3772号車搬出

諸般の事情により搬出が遅れていた3772号車が11日未明に搬出されました。
IMG_4575.jpg


2009.4.11撮影 井の頭線クハ3772

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 1   Trackback: 0

04 11 ,2009  Edit


Back to top