1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
02

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 02 2008

Category: 北海道   Tags: ---

函館山線のラッセル

この冬、北海道は倶知安にプチ移住を果たしまして、道内の鉄道を撮りまくるぞ~と意気込んだものの、撮りたいものが沢山あり過ぎて、何から撮ろうかと迷ってしまいました。とりあえずは地元・山線のラッセルでも撮るべと、最寄り駅の駅員氏にスジを確認。いざ長万部へ向かうべく圧雪アイスバーンの道路を走らせました。
長万部
▲入場券を買い、待合室でスタンバイ。定刻に機関車がゆっくりと入線してきました。
長万部跨線橋
▲この日の担当機はDE15 1545。跨線橋から見下ろすと、良い位置に停まっていたので、取り敢えずバルブ。
光跡
▲築堤をラッセルが過ぎ去る。雪原にはキタキツネか、小動物の足跡が見られる。(二股~蕨岱)
kuromatunai
▲黒松内に到着。数分間の停車時間だ。
ニセコ
▲ニセコ駅を定刻より早めに通過。駅員氏によれば、雪が少ないときは早く来るとのことだった。
ニセコ後
▲後追いで。倶知安まではあとわずかだ。倶知安到着後は日付が変わった後、雪121列車として小樽築港までの運転となる。
また、上りラッセルは小樽築港から倶知安までの仕業後、やはり深夜に実施される(列番不明)。大まかなダイヤだけ聞き、ひとまず黒松内の道の駅にて雪中マルヨを敢行、熱郛ツカ時刻直前に目覚ましをセットし、仮眠を試みるも寒くて眠れず。ラジオを聞きながらひたすら時間が過ぎるのを待ったのであった。
みぎサイド
▲ほぼ定刻にやって来た上りラッセル。速度は意外に速く、併走して測ってみたら60キロほどだった。ちなみに最高速度は75キロとなっている。(二股~長万部)
左サイド
▲長万部に着く頃にはすっかり吹雪いていた。並行する国道5号線から撮影。(二股~長万部)
長万部遠望
▲倶知安から2時間以上かけて、ようやく長万部に到着。静かな構内に始発列車のアイドリング音だけがこだまする。
入区 後追い
▲入れ換え作業後、庫の中へ入りDE15はしばしの休息に就く。

今年は3月13日まで原則、毎日運転されるらしい。撮影される方は、雪道運転などくれぐれも注意されるよう願いたい。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 26 ,2008  Edit


Back to top


Category: 東日本   Tags: ---

冬の米坂線

米坂豪雪 キハ52赤
キハ52青 キハ52
▲米坂線を走る気動車。運転本数は少ないが、形式・塗装などバラエティに富んでいて、撮る者を飽きさせない。(萩生~羽前椿)
踏切
▲踏切内から融雪用の水が噴き出す。雪国らしい施設だ。
羽前椿
▲羽前椿駅にて雪220列車をバルブ撮影。粉雪がしんしんと降るにもかかわらず、上空には月が見える。機関士氏が撮影しているこちらに気づき、挨拶を交わす。寒い朝だったが、心が少し暖まった。
キンチョウ
▲今泉を定刻に出た雪221列車が峠を目指す。
DD1542_2.jpg
▲この日のカマはDE15ではなく、DD15 42号機。個人的にはこちらの方が好きです。(萩生~羽前椿)
DD1542.jpg
▲越後片貝~越後下関間を行く。
電話箱
▲ついでに、半分まで埋まった電話ボックスです。さすが豪雪地帯。

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 26 ,2008  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

781系電車

781系
▲昨年、営業運転から離れた781系電車だが、先ごろ函館市内の某施設へ寄贈、陸送により搬入された。オーナーの方が鉄道好きなのか、敷地内には781系の他にも、ドラえもんversionの50系客車や腕木式信号機などが置かれ、実に不思議な光景である。

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 26 ,2008  Edit


Back to top


Category: 保存・放置車   Tags: ---

北の大地へ新幹線を

北海道・道南地域にある観光地、大沼公園。
その畔に小さな無人駅があるのだが、そのすぐ脇には原色のままの新幹線200系が保存展示されている。
IMG_1147.jpg


IMG_1149.jpg

どこから陸送されてきたのだろうか…。
3両の200系は将来、北海道に新幹線が延伸されることを願って保存されたのだそうだ。
駅から数分ほど歩くと温泉施設がある。この敷地内にも海峡線で走っていた50系客車や鉄道施設品が確認できる。調べてみると、どうやらここの温泉はJRが関連しているようだ。
※注:200系は平成25年6月中に現地解体とのことです。


駒ヶ岳
                 2008.2.21 函館本線 流山温泉駅

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 26 ,2008  Edit


Back to top