1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 02 2007

Category: 北海道   Tags: ---

日高サラブレッドライン

冬の北海道へ行って参りました。
今年は暖冬と言うことで全体的に雪は少なめ。日高地方の幹線道路はほとんどアスファルトがむき出しで、夏タイヤでも充分走ることが出来そうな路面状態でした。

新千歳空港を降り立ち、走行距離わずか8キロという新車ヴィッツを借りて、まずは石勝線へ!
20070224115359.jpg
▲手始めに、キハ283系スーパーおおぞら3号を撮影。空港から数キロの地点で、スッキリした写真が撮れるのが如何にも北海道らしい。(石勝線 南千歳~追分)

%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2日高本線沿線にはサラブレッド牧場が数多く点在する。%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2
20070224123444.jpg
▲絵笛駅に到着した静内発様似行き2231Dと馬の2ショット。珍しくキハ160が連結されていた。
20070224123521.jpg
▲絵笛駅周辺一帯は牧場で、ホームからはたくさんのサラブレッドを見ることが出来る。
20070224123550.jpg 20070224123459.jpg
▲白銀の牧場地帯をキハ40 350単行の2227Dが行く。(絵笛~浦河)
20070224221034.jpg
▲夕方になると、放牧されていた馬たちが厩舎へ帰るため、踏切を横断する姿が見られる。
20070224123013.jpg
▲日没直後、2233Dがやって来た。遙か彼方には僅かに太平洋が望める。このポイントに辿り着くのに、三脚を杖代わりにして約45度の斜面を10分以上かけて這い登った。いやあ、疲れた。(本桐~荻伏)
20070224115437.jpg
▲判官岬のトンネルに差し掛かろうとしている2235Dのヘッドライトの光がレールと隧道の壁面を照らす。(節婦~新冠)
20070224124044.jpg 20070224224517.jpg 20070224224456.jpg
▲浦河・白泉の集落内を抜ける静内発様似行き始発列車2223D。夏は昆布干し場となる砂利が敷き詰められた敷地と列車の通る敷地の境目は殆ど無いと言って良い。(東町~日高幌別)
20070224123727.jpg 20070224123745.jpg
▲様似行き2225D。北海道らしい景色の中をキハ単行が行く。(荻伏~絵笛)
20070224122918.jpg
▲今ではほとんどお目にかかれなくなった「ハエタタキ」がここでは健在している。(本桐~荻伏)
20070224123416.jpg
▲後うちで2227Dを撮影。(本桐~荻伏)
20070224123401.jpg
▲走り去る苫小牧行き2232D。遠くには雪化粧をした日高山脈が見える。(荻伏~本桐)
20070224122955.jpg
▲マイネルスティング号と2ショット。珍しくJR北海道色のキハ40が入線した。(春立~日高東別)
20070224122934.jpg
▲ハエタタキとキハ40北海道色2231D。(春立~日高東別)
20070224123803.jpg
▲新冠川の橋梁を越える2233Dを流し撮り。(節婦~新冠)
20070224123835.jpg
▲夜明け前、新冠を出た始発列車2224Dが苫小牧を目指し、新冠川橋梁に光跡を残す。新冠の街の灯りが寒さに瞬く。(新冠~節婦)
20070224123923.jpg
▲海辺のカーブを行く2232D。冬の海風がキハ40に容赦なく吹きつける。(新冠~節婦)
20070224123939.jpg 20070224123954.jpg 20070224124010.jpg
▲厚賀~大狩部間は海辺と断崖の狭間を行く過酷な区間。波による土砂流失を防ぐ護岸工事が進む。
20070225213042.jpg
▲寒風ふきすさぶ斜面にへばり付くこと数十分。2237Dがゆっくりと大狩部駅に滑り込んできた。都会ならばラッシュ時間だが、乗降客は1人もいなかった。三脚が氷のように冷たい。
20070224123711.jpg 20070224123613.jpg
▲全長480mの長い沙流川橋梁。2月だというのに河川敷には雪が殆ど無い。
(左)6220Dホリデー日高 (右)2225D様似行
20070224221119.jpg
▲凍てつく日高門別川の河口付近、2226Dが橋梁を渡る。枯れた熊笹を掻き分けて何とか俯瞰ポイントに辿り着いた。目の前は90度の崖で思わず足がすくむ。(豊郷~日高門別)

20070224220945.jpg
▲絵笛駅にてセルフポートレート。

上記写真2007.2.16~2.18 撮影。

追記:2006年7月に訪れた鵡川の581系の廃車体についてだが、今回確認したところ、ほぼ解体作業が完了していた。

オススメのお宿
fuka.jpg
新冠の「ふかふか亭」さんです。日高本線撮影の拠点に是非!
静かで落ち着きますよ~♪

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 25 ,2007  Edit


Back to top


Category: 九州   Tags: 島原鉄道  島鉄  しまてつ  撮影地  普賢岳  

島原鉄道島原外港~加津佐間廃止決定

雲仙普賢岳の噴火による被害から見事な復興を遂げた島原鉄道
風光明媚な沿線風景の中をトロッコ列車や国鉄色気動車など魅力有る車両が走る同線であったが、平成20年4月1日を以て、島原外港~加津佐間35.3kmが廃止されてしまった。
特に南島原以南には有名撮影地が数多く有り、経営上の理由とはいえ、廃止は誠に残念に他ならない。
20-11.jpg
島鉄名物のトロッコ列車「島鉄ハッピートレイン」。
20070222211311.jpg
▲水無川橋梁を越えるトロッコ列車。
20070222211232.jpg 20070222210831.jpg 20070222210815.jpg
普賢岳をバックに水無川橋梁を越える定番アングルも見納めとなった。
D3703.jpg
▲水無川橋梁横のふかえ桜パーク内には、かつて貨物列車を牽引し、また貨物営業廃止後も保線用車の牽引、さらには雲仙普賢岳災害の復旧工事の際に、資材運搬車の牽引の任に就くなど大活躍したD37型機関車が保存されている。
                          
                         ☆上記6点、安徳~瀬野深江間にて撮影

20070222211609.jpg
▲西有家~龍石間の海沿いを行く。この区間も廃止になってしまった。

20070222211014.jpg 20070222210914.jpg
▲南島原構内に揃う島鉄の車両たち。ここが新たな終着駅に変わった。

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 1

02 24 ,2007  Edit


Back to top