1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


In 12 2006

Category: 私鉄・三セク   Tags: ---

2006 年の瀬 川崎・羽田界隈

2006年も残りあと僅か。今年最後の休暇を利用して川崎・羽田界隈へ繰り出しました。澄んだ青空の下、川崎市営埠頭を覗いて見ると輸出用の事業用車なのか、ディーゼル車が2両留置されておりました。
20061224195958.jpg
▲バックの鉄くずの山がちょっとうるさいのですが、これはこれで埠頭の雰囲気が出て良いのではないかと…。
20061224195910.jpg
▲場所を変え千鳥町バス停付近のヤードに寄ると、1両のタキ車が転がっていたのでパチリ。日本触媒さんの私有貨車のようなので、日本触媒のプラントをバックに入れて撮影。
20061224195946.jpg
▲別アングルでもう一枚。
飛行機と東京モノレール
▲多摩川を渡り、羽田へ。最終着陸態勢の飛行機からはギアが下ろされて着陸まであと数秒。モノレールと飛行機がフレームに収まるタイミングが中々合わず、ようやく撮れた一枚。待っている間に感じたのだが、モノレールの本数よりも飛行機の離発着便の方が多い。さすが巨大空港だ。
20061224200016.jpg
▲リバイバルカラーの1000形。 (天空橋~新整備場)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

12 24 ,2006  Edit


Back to top


Category: 私鉄・三セク   Tags: ---

釣り掛け電車 東武5050系

先日12月16日土曜日、東武日光線にて釣り掛け電車5050系のさよなら運転がおこなわれました。残念ながら当日は私、仕事の都合により出区出来ず(泣)
ということで2006年1月に佐野線へ行った際に撮影した画像をUPさせていただきます。
20061220124436.jpg
▲肌を突き刺す厳寒の真冬の早朝、朝陽を浴びて渡良瀬川の築堤を登ってきた5050系。
20061220124455.jpg
▲「ウ~~~~~…」 独特の唸りを響かせて渡良瀬川橋梁を越える電車。
 子供の頃、近所を走る東武東上線にも5050系や、その前身の7800系が多く見られたものの、走ってくる度に「うるさい電車」や「オンボロ電車」などと友人と笑い飛ばしていた事を今でも覚えております。子供の頃の価値観とはそんなものだったのですな。
1813.jpg
▲こちらは元急行りょうもう号用車両の通勤型改造車である1800系。残念ながらこの車両も佐野線からは既に撤退している。
20061220124337.jpg
▲「海まで154.6キロ」。渡良瀬川はこの先、渡瀬遊水池を経て利根川と合流し、千葉県と茨城県の県境を流れて太平洋へとそそぐ。
                    以上4点、2006.1.19 佐野線 田島~渡良瀬にて撮影

20061220124406.jpg
▲ついでですが同日、東武日光線に寄ってみたら6050系の出場試運転が行われておりまして、時速30キロほどでゆっくりと目の前を通過していきました。
【編成】浅草←6167+6267→東武日光
                         2006.1.19 日光線 静和~藤岡にて撮影

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

12 20 ,2006  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

室蘭本線

20061204222129.jpg 20061204222142.jpg
キハ183系団臨「函館クリスマスファンタジー号」を撮影した地点からやや有珠駅方向へ移動。バックに室蘭岳(?)を据えたアングルでキハ281系「スーパー北斗9号&12号」を狙う。画面奥が長和駅方面となる。  【長和~有珠】
20061204222154.jpg 20061204221723.jpg
▲崎守ふ頭にてレンタカー車中マルヨをかました翌朝、稀府(まれっぷ)~黄金(こがね)間の有珠山バックの直線アングルに移動。雪をかぶった有珠山に朝日が当たり始めた頃、北斗星1号が定刻でやって来た。
 その10数分後、24系尾久車12連の団臨が8005レのスジでやって来た。カン無しのDD51重連が牽く姿もまた新鮮である。惜しむらくは時期的な問題もあるが、編成に陽が当たらなかった事である。
20061204222221.jpg 20061204222210.jpg
▲8005レを撮影後すぐに道央道で西へ。豊浦I.Cで下りて圧雪アイスバーンの道路を慎重に飛ばし、国道230号線から臨む礼文華の大カーブ俯瞰アングルに立つ。北斗星3号が雪煙を上げながら定刻で通過していった。  【礼文~小幌】
20061209141715.jpg
▲この後、キハ183系リバイバル北海を撮影後、京極町の温泉施設にて疲れを癒す。露天風呂から羊蹄山が見えなかったのは残念!
20061209140740.jpg
▲今回、二日間寝食を共にしたレンタカー三菱コルト。慣れない雪道運転に備えて最上級の保険に加入するも、結果的に事故も無く返車。2日間で延べ500キロを走行した。
20061209140723.jpg
▲撮影行の合間を縫っては道の駅に立ち寄り、カントリーサインマグネットを買い漁った。今回は上記4種をゲット。

カントリーサイン一覧(PDF)
http://www.northern-road.jp/discover/sign/cs/sign.pdf
北海道道の駅サイト
michiek.gif

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 4   Trackback: 0

12 09 ,2006  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

国鉄色キハ183系団臨

函館運転所の国鉄色キハ183系4連を使用した団体臨時列車「リバイバル『北海』『おおとり』で行く函館クリスマスファンタジーの旅号」が2006年12月2~3日に運転されました。往年のヘッドマークを掲げ、方向幕も「特急おおとり 函館」「特急北海 札幌」が再現されていた。

20061204221750.jpg 20061204221804.jpg
▲室蘭本線の単線区間、北舟岡~伊達紋別間を行くリバイバル「おおとり」。
旭川~苫小牧~函館間を走行した。
20061204222117.jpg 20061204222100.jpg
▲伊達紋別より先の区間では「函館クリスマスファンタジー号」の特製ヘッドマークが掲げられた。なお、絵柄は前後とも同じである。   【室蘭本線 長和~有珠】

★2日目は「リバイバル北海」として函館本線山線経由で函館~札幌間を走行した。
前夜(12月2日)から雪が降り出し、沿線はすっかり雪化粧となった。氷点下6度という厳しい環境の下、寒さでカメラのバッテリーが消耗しないようコートで暖め、自分の吐息で曇るファインダーを覗きながら列車を待つ。
20061204222232.jpg
▲汽笛一声、蕨岱(わらびたい)を発車した列車はゆっくりと姿を現した。
20061204222243.jpg
▲すかさず後うちをカマす。キハもパウダースノーの雪化粧を纏っている。 【蕨岱~黒松内】
20061204222048.jpg
▲黒松内駅にての停時間を利用してレンタカーで先回り。マリオカートの氷ステージで鍛えたドライビングテクでツルツルドリフトしながらもギリギリ熱郛(ねっぷ)進入に間に合った。
この日、圧雪・アイスバーン状態の国道を走る「わ」ナンバーの車がやたらに多かったのは皆、キハの追っかけ組だったと言うことは言うまでも無し。沿線の随所にてカメラを構える姿が見られた。 【黒松内~熱郛】
20061204222015.jpg
▲山線の聖地、倶知安の北四線踏切にて。C62ニセコの撮影地としても有名な一級のお立ち台だけに、氷点下&雪をものともしない強者達が全国から集まっていた。残念だったのはここから見えるはずの「羊蹄山」が見えなかった事である。
新雪が降り積もった道をドリフトしながら冷や汗かきかき何とかマル対通過4分前に現着!
倶知安を出たキハ183がゆっくりと線路に積もった雪をラッセルしながら走り去っていった。  【倶知安~小沢】

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 4   Trackback: 0

12 05 ,2006  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ---

陣屋町臨港界隈

20061204221824.jpg
▲北海道室蘭名物のチップ輸送。トラ90000からワム480000に置き換えられて久しいが、ここでしか見られない形式の貨車だけに希少価値は高い。陣屋町臨港駅では、DB255がワムの入れ換え作業を行っていた。
20061204221936.jpg 20061204221947.jpg
▲チップ工場全景を見たところ。ものすごいチップの山が積まれているのがおわかり頂けるか?
20061204222033.jpgさらにアップで見るとこんな感じです。
20061204221852.jpg20061204221838.jpg
▲本輪西付近の操車場にて。タキマニアには堪らないであろう光景が広がる。時折、構内をDD51が行ったり来たりして入れ換え作業を行っている。右の画像の後方に見える橋は白鳥大橋。
20061204221907.jpg
▲構内にはタキ車がたくさん転がっている。画像左のタキ11000に注目。
20061209140709.jpg
▲車番が何と「タキ11111」のオール1である!!!!!
20061204221959.jpg
▲陣屋町臨港駅付近の埠頭内を歩いていると青いビニールシートに包まれた物体が…。足下を見ると
僅かながら車輪のようなモノが確認できる。実はこれ、先頃廃止されたちほく高原鉄道ふるさと銀河線の気動車なのである。次の活躍地へ輸出される為、しばらく埠頭内に留置のあと川崎港~横浜港を経て遥か南の地ミャンマーへ航路輸送される。      ※敷地外から撮影。

                       すべて2006.12.2撮影

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

12 04 ,2006  Edit


Back to top