1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


"【陸送】海外車両" posts

Category: 陸送 > 【陸送】海外車両   Tags: ---

拝啓 むらちゅう先輩

BI1V6100のコピー 
BI1V6318のコピー

BI1V6354のコピー

今回、むらちゅう先輩の故郷・下松で、ぶち斬新な陸送のイベントが行われるっちゅう話を聞いて、
こりゃあ是が非でも行かにゃあならん!と、夜行バスで山口まで行ってきたっちゃ。

真っ昼間にイギリスに輸出する高速鉄道、CLASS800の先頭車両を日立製作所から下松港までトレーラーで陸送するっちゅう、
これまで日本では聞いたことがない企画に、おじさん流石にぶったまげた…。

横浜ならJ-TRECから横須賀の埠頭、豊川なら日車から豊橋港、仙台なら仙台港から利府へ昼間に運ぶようなもんじゃけぇ、絶対ありえんわ。

下松市のホームページにも堂々と掲載されちょって、警備が数百人規模になるとか、
これ、絶対、野次馬より警備の方が人多いじゃろ?…と思っちょったら、3万人も集まったとか。。。。
よーけ、こんなに集まったもんじゃのう。
おかげで昼飯喰おうと、くだまつ食堂に行ったらぶち大行列。。。

飲食業の方、この日店を開けちょったら、相当な売上あったじゃろうに。

顔の広いむらちゅうパイセンの事じゃから、市長ともツーツーじゃろ?
また第2回やってねっ!て言っといてやぁ。
自分はそう思っちょる。

…ここ数日の夜遊びで寝不足だからもう寝る!

2017.3.5 IEP CLASS800 

【関連記事】
拝啓 下松市長 殿
【むらちゅう先輩の下松レポ】
れれ:陸送イベント
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

03 19 ,2017  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】海外車両   Tags: ---

拝啓 下松市長 殿

BI1V6109のコピー

拝啓 下松市長 殿

最高でした。見学者より警備員の方が多かったらどうしよう…なんて杞憂でした。
下松駅の改札から出て来る人の波、会場駐車場に続々と集まる車。市もこんなに集まるとは想定していなかったのでは?
と思えるほどの集客ぶりでした。

陸送車列通過前の沿道。天皇陛下の奉迎と見紛うほどの人垣は壮観でした。
かつて、“陸送” ごときでこれほどのギャラリーが集まった事が有ったでしょうか?
恐らく、先月のE2保存陸送や台湾で開催された陸送イベントを凌ぐ盛況ぶりだったかと思います。


BI1V6140のコピー

3万の観衆を両脇に、威風堂々と通過する陸送車列に心底シビれました。
日立さんもこんな光景は初めてだったのでは?

BI1V6284のコピー

宛ら箱根駅伝を彷彿とさせる人垣。

BI1V6162のコピー

どこもかしこもルート沿いは人、人、人。
下松駅前も相当なパニック状態でした。
日曜日という事もあってか、昼食を取る店が少なくて、どこも店舗は行列が出来ておりました。
市民運動場あたりに出店並べたら売れるんじゃ無いですかね?


僅か4キロのコースに3万人が集まり、イギリス向けの鉄道車両が運ばれる光景に歓声を上げておりました。
今回のイベントチラシの中にも「陸送」というワードが使われ、だいぶ市民権を得た感がありますね。

と言う事で、市長殿。
是非とも第2回、第3回と今後も機会があれば、このプロジェクトを発動してくださいませ。
喜んで東京から下松に馳せ参じます! 敬具

2017.3.5 IEP Class800  道路を走る高速鉄道車両 見学プロジェクト 

【関連記事】
台湾白昼陸送イベント


テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

03 06 ,2017  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】海外車両   Tags: ---

台湾白昼陸送イベント

DSC_1887のコピー

いよいよ明日は山口県下松市主催のClass800白昼陸送イベント。
その前哨戦として参加して来た2月12日の台湾陸送イベントより。

これまで、白昼堂々と行われる公式の陸送イベントを国内で見たことがなく(そもそもやったことが有るのか?)、
どんな雰囲気なのか見ておきたくて弾丸日帰り台中ツアーを決めてきた。

昼間の陸送といえば、公道ではない所を短区間走ったり、或いは廃車輪切りの陸送とかが殆どか。
どうも輪切りの陸送というのは昔から全く食指が動かず、撮ったことが無い。

今回の下松では新車が運ばれると言う事で、条件は台中と同じだった。



この朝、那覇からピーチ・アビエーション便で桃園入りし、昼前には四維國小前に着く予定だったが入国審査が混雑していて乗車予定の高鐵に乗れず、昼過ぎに会場に到着。

13時に陸送パレードの車列が車両基地へ向けて動き出すというので、近くの交差点で車列を撮影した。
これで撤収する予定だったが、車列を見るとまだトロトロと100m先を進んでいる。
これが夜の陸送との一番の違いで、陸送パレードは見せるためのもの。
また、見学者や他の交通の安全にも配慮して、低速で運転されていたのでした。

ゆっくり走る車列を見て、条件反射的にそれを追いかけましたよ。走って。
次の日は普通に朝から社畜で、タイガーエアーの夜行便で羽田に着いたらそのまま出勤するつもりで、スーツで台湾に来ていたが、とにかく追いつけ追い越せと走りまくった。
2月とはいえ、緯度が沖縄と同じくらいの台湾は暖かい。
走ると直ぐに汗が噴き出してきたが、構わずに走り続けたのでした。
何の因果で台湾に来てスーツ姿で全力疾走しなければならんのか、悲しい性(さが)である。

ちなみに台湾の猛者たちは、機動性の高いバイクで追っかけて行った。

DSC_1884のコピー
ローラーブレードで並走しながら動画を撮る方も。広報か?
ローラーブレードはいいアイデアだが、多分自分は滑れないだろう…。


DSC_1876のコピー

なんと、台湾にも「ファッションセンターしまむら」が有った。
向こうでは「流行服飾館 思夢楽」と書くようだ。

DSC_1882のコピー

撮っては走りを繰り返し、息切れをしながらレンズを向ける。
車列の速度は10キロ以下か?
沿道では派手に爆竹が鳴らされ、新車のパレードを盛大に祝っていた。


DSC_1902のコピー

もはや体力の限界。
1kmは走ったか。
歩道橋にも沢山の見物人、そして車列の後方には追っかけなのか、一般車なのか、延々と車両の列が続いていた。


明日の下松ではどんな光景が展開されるのだろうか?
台中の35キロに対して下松は4キロと走る距離は短いが、貴重な白昼のイベントだけに見逃せない。

2017.2.12 台中市北屯區内で

【関連記事】
台中市捷運首列電聯車大遊行

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

03 04 ,2017  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】海外車両   Tags: ---

台中市捷運首列電聯車大遊行

改造車パレードに続いて登場したのは、真紅の横断幕を掲げた市民の列。
赤は台湾ではおめでたい色で、まだ開業は3年も先の話なのにこの歓迎ぶり。


DSC_1824のコピー


DSC_1837のコピー

MANのヘッドがグリーンライン第1編成の車両をゆっくりと運んで来た。
そしてその周囲を警察官らがスクーターで護衛する。
この間、通りは完全に通行規制がかけられ、パレードの車列はゆっくりと通過する。

わかりにくいかもしれないが、トラクターの回転灯は黄色でした。

DSC_1845のコピー

文心路から北屯路へと曲がる。
台湾は日本と逆の右側通行なので、右折よりも左折の方が曲がりやすい。
交差点に立つ警官が進行方向を指し、コメットのトレーラーに載せられた20m超の電車が時速5キロほどでゆっくりと通過する。

DSC_1853のコピー

後方の高架橋は、現在建設中のMRTのもの。3年後に開業した暁には、この上をこの電車が行き来する事になる。
上空ではドローンが交差点を曲がる車両の様子を撮影している。

車列が通過して行くと、現地のマニアな方々は一斉にバイクに飛び乗り追っかけて行った。

2017.2.12 台中捷運緑線 第1編成 

【関連記事】
MRTパレードの参加者

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 17 ,2017  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】海外車両   Tags: ---

MRTパレードの参加者

DSC_1740のコピー

台中捷運(台中メトロ)の新車上陸を祝して行われた車両パレード。
四維國小前でのお披露目が30分ほど行われ、大勢の市民が車両を取り囲む。

ここを13時になると、再びパレードの車列が動き出すというので、自分は付近の交差点へ移動した。

DSC_1802のコピー

車列は、文心路から北屯路へと左折するので、その交差点の角でカメラを構えることとした。
交差点付近の路肩には派手な改造車が多数集結し、ドンチャンドンチャンと音楽を大音量で流していて
近寄り難い雰囲気を漂よわしていたのだが、13時近くになると警察がそれらを一斉に撤去し始めた。

大型トレーラーが交差点を曲がるには、駐車車両は邪魔になるのだろう。


DSC_1803のコピー

派手なラッピングを施した車が、大音量で音楽を流しながら交差点を通過して行く。
…が、スティッチの車の荷台をよく見ると、大遊行と書かれたのぼりが掲げられていた。


DSC_1807のコピー

もしや…と思ったら案の定、週末の夜に大黒埠頭辺りに集まっていそうなこれらの車たちも
今回のパレードの参加車両なのでした。
今回の陸送イベントは台中市政府交通局という役所が主催。
日本じゃ、ま〜ず考えられないコラボだろう。

2017.2.12 台中市 文心北屯交差点 

【関連記事】
臺中捷運綠線首列電聯車遊行

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

02 15 ,2017  Edit


Back to top