1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


"特別列車" posts

Category: 東日本   Tags: E655  特別列車  

中央本線でE655系による、御乗用列車では無くてお召列車が運転されました。


宮城  石巻復興号から一転、翌13日の特別列車奉迎のため、山梨へ赴く。
先月31日、鳥取県にてお召列車が運転されたのは記憶に新しいところですが、2週間経たずして再びお召列車が運転される事になった。

しかしながら、先般報道されている様に陛下が体調を崩されてしまい、発熱が続くなどしたため、大事を取って都内の病院に入院された。そのため、その後の行事等については、皇太子殿下が天皇陛下の名代で行事等を務められることとなり、今回の山梨県甲府市にて開催された「恩賜林御下賜100周年記念大会」の式典行事についても、皇太子殿下が名代で出席される事になった。

そうなると、お召列車の運転は?使用車両は?国旗の掲揚は?などという話しが出て来たりするのですが、どうやら特別列車の運行に関しては予定通りとの事。しかも、皇太子殿下がお乗りになられるにも関わらず、今回は名代と言うことで、御乗用車では無く、お召列車の召9001Mとして走ると言う。単なるE655系「なごみ」としての運転ならば、そのまま東北に滞在し続ける予定であったが、「日の丸」に惹かれて500キロの大移動をすることに。

宮城県に後ろ髪を引かれつつ東北道を南下、4時間後に一旦我が御所に入区して休息を取るも、長時間運転のせいで頭がゆらゆらと揺れている。さすがに石巻日帰りは負担が大きかったか…。しかし、この後の仕業の為に自ら、秘孔・刹活孔を突いて身体を奮い立たせ、いざ中央道へ。およそ1時間後、甲府手前の勝沼でインターを出た。
石巻→東京と比べたら、東京→勝沼の移動がなんと楽な事か…。
しかし、勝沼に来たものの土地勘が無い。撮影地に関して殆ど知識も無いまま中央本線をロケハンをしたが、このあたりの地形や、ぶどう畑が多く広がっているため、列車を引きで撮れる場所が殆ど無くて泣きそうになる。

今回、特別車両(E655-1  TR車、以降「TR車」と省略)に皇太子さまがお乗りになると言うことで、TR車を真横流し出来そうな場所を探したのですが、思う様には見つからず、今回は国旗をメインに撮りましょうと言うことになった。


IMG_0581.jpg
11時16分、露払いとなるE351系スーパーあずさ11号が通過。

前置きがかなり長くなりましたが、結局、勝沼ぶどう郷~塩山間にある直線区間で落ち着いた。自分が到着した9時ごろには撮影者は誰もおらず、トンネルから出て来たところを、線路脇の小道から正面で狙える場所で時を過ごす事に。ここは晴れれば真逆光になる場所でしたが、それも覚悟の上。それでも、もう一人撮影者が訪れ、雑談をしながら時間を潰した。

ちなみに、この付近では京都から応援に来られたという警察の方が担当されており、念のためここから撮影して差し支えないか尋ねてみると、道路からの撮影ならば問題無いとの事でした。一応、氏名と機材類の確認が行われましたが、特に厳しい事は言われず、むしろ平身低頭な対応に、こちらが恐縮してしまった程である。

警備の方と少しお話をさせていただいたが、今回の撮影に関しては、上から見下ろす撮影・奉迎はNGですが、駅ホームからの撮影は規制されていないとのこと。都内はどうかわからないが、こちらの方は、規制が緩い様に思えた。これまでに何回かお召列車の警備を担当されたとの事でしたが、列車通過時は、陛下を見てはならず、いつも列車に背を向けている為に、一回もお召列車そのものを見た事が無いと言う裏話等々を聞かせて頂いた。


DSC_0867.jpg


IMG_0589.jpg
そして、特別列車が来る時刻に。いつの間にか地元の方々も付近に集まり、一同で列車を待った。
警備ヘリが上空に現れて間もなく、トンネルの向こうの線路がヘッドライトで照らされた。曲線を走って来た列車には、しっかりと国旗と御紋が掲出されている。
その速度は比較的遅く、ゆっくりとこちらに近づいて来る。


 IMG_0610のコピー
トンネルを抜けたお召列車。運良く?日が陰ってくれたので逆光はさほど気にならず、元より、先ほどまで地面からメラメラ立ち昇っていた陽炎が消えてくれたのが有り難い。しかし、実はこの時、後方から上り544M列車が接近。このコマを最後に、見事な被りを見せてくれたのでした。

IMG_0622.jpg
続行で予備編成のE257系M-102編成がゆっくりと通過。
車内のカーテンは全て下ろされておりました。
それにしても、陛下のご容態が気になります。先月末、鳥取で2日間追っかけをしただけで疲労困憊なのに、立て続けに行われるご公務に、陛下ご本人の疲労は計り知れないものがあります。暫くはゆっくりと静養されて、また笑顔を見せて頂きたいものです。


平成23年11月13日 中央本線  勝沼ぶどう郷~塩山 




【関連記事】
鳥取~倉吉間でお召列車運転

スポンサーサイト

 ★★★ 続きはこちら »

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

11 15 ,2011  Edit


Back to top