1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


"ラッセル" posts

Category: 北海道   Tags: 宗谷  ラッセル  

【2011】宗谷本線定期排雪列車【雪372】

DSC_1260.jpg 
(兜沼駅)     
平年よりも早く梅雨明したのはいいけれど、暑すぎて日中は撮影はおろか、外出する気もおきません。
とっくに雪レのシーズンは過ぎましたが、大震災のこともあって、2月末に撮影しておきながらアップしそこなっていた宗谷ラッセルの涼しい写真が有ったので、敢えて季節外れのこの時期に出しときます。

DSC_1264.jpg
氷点下10度。呼吸をする度、鼻毛に霜が付くほど凍てつく寒さの中、兜沼駅に到着した雪列車を撮影する。作業員の方の話では、この日は積雪量がそれほど多くも無いようで、幌延辺りまでは殆ど除雪作業は行わないとのこと。ならば幌延以南に期待するべしと、ラッセルが出発する前に、我々は一足先に車で出発、先行することに。
DSC_1310.jpg
南下するに連れて降雪量が増え、安牛あたりでは、あわやホワイトアウトかと言うほどの吹雪に見舞われるも、線路沿いの積雪量の方はいまいち。
ラッセルが弾き飛ばす雪の量も、期待及ばずといった感じで…。

DSC_1324.jpg
それでも列車が目の前を通過した後に身に降り掛かる雪煙は、ひんやりしていて、真冬でもとても気持ちがいいもんです。
(上2点、安牛~雄信内にて)

DSC_1289.jpg
雪レ撮影中に国道の除雪にやって来た、北海道開発局持ちの除雪車。
絶妙なハンドル捌きで雪を掻いて、路肩に寄せてくれます。
この方達のおかげで、ラッセルの追っかけも安心して出来るというものです。
しかし、真冬の雪道は危険がいっぱいでして、スピードの出し過ぎによるスリップや、吹き溜まりに突っ込んでスタックなどなど、自分の経験から、牽引ロープぐらいは準備されておいた方がよろしいのではないかと…(汗)
(K氏、こん時はホンマにすんませんでした

2011.2.27 宗谷本線 雪372レ
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

07 24 ,2011  Edit


Back to top


Category: 北海道   Tags: ラッセル  宗谷本線  DE15  除雪列車  

2008年度 宗谷本線ラッセル

今季は12月11日から3月15日までの運転でした。
抜海朝陽
▲抜海~勇知
抜海勇知
▲抜海~勇知
跨線橋
▲抜海~勇知の跨線橋から。今年は雪が多く、アングル定位置に辿り着くのにひと苦労!
勇知
▲勇知~兜沼 雪煙を巻きあげて。
勇知2
▲勇知~兜沼
豊富
▲兜沼~徳満
下沼
▲下沼~幌延 晴れていれば利尻富士が…
ラッセル1
▲下沼~幌延
南幌延
▲吹雪の南幌延進入
雄信内
▲雄信内にて4327Dと交換のため、暫し停車
問寒別川見上
問寒別川見上2
問寒別川
▲糠南~問寒別 問寒別川橋梁を渡る雪372列車
佐久
▲佐久でスーパー利尻と交換
筬島進入
▲200mmで晴れの筬島進入を狙う。
ラッセル2
▲んで、こっちは雪の日の筬島進入を600mmで。

刺叉
▲音威子府に到着し、作業員の方々が氷柱切りの道具を持って降りてきた。
音威子府
▲ホームに有った除雪機と木製の機関車。
音威子府2
音威子府屋根
音威子府三番
▲音威子府駅の屋根は木の屋根だ。
音威子府窓
▲窓越しにラッセルを望む。
筬島
▲紋穂内進入。これ以降はラッセルの方が早くて追いつけず…。

降雪量はそこそこだったのですが、下りの雪371が夜の内に掻いてしまうのか、日中の雪372の排雪量はいまいちでした。来期もまた定期で走ってくれることを祈っております。
2009.2.26~28撮影

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

03 14 ,2009  Edit


Back to top