1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

電車を撮ろう。

日本国内のJR・私鉄問わず、電車・気動車・客車・機関車・臨時・回送・団体・イベント・貨物・試験列車・廃車体・陸送etc...鉄道に関する写真を不定期アップ


Category: 陸送 > 【陸送】私鉄・三セク車両   Tags: ---

阿字ヶ浦のキハ221

136_3688のコピー

以前、阿字ヶ浦駅構内に保存されていた羽幌炭礦鉄道色のキハ221+茨交色キハ201。
最初、この221が埼玉県某所で保存されたのかと思ったが、この221と201は解体されてしまった。

136_3692のコピー

2005年9月に国鉄準急色へ塗り替えられたキハ2004が阿字ヶ浦に到着。
この車両も現在は引退し、那珂湊駅構内に留置されているようです。

2005.11.5 茨城交通(現ひたちなか海浜鉄道)阿字ヶ浦駅 

【関連記事】
炭鉱列車の搬入作業

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

08 23 ,2016  Edit


Back to top


Category: 陸送 > 【陸送】私鉄・三セク車両   Tags: ---

炭鉱列車の搬入作業

DSC_0078のコピー

ゆうべは九州で三池炭鉱専用鉄道の機関車陸送が有りましたね。
これ、行きたかったのですが、多分行ったら台風で帰れなくなるだろうと思い諦めました…。

炭鉱鉄道の陸送と言えば、7年前に運ばれた元・羽幌炭礦鉄道のキハ223。
茨城交通(現・ひたちなか海浜鉄道)の阿字ヶ浦駅構内に、
同型のキハ221が保存されていましたが、こちらは2009年に解体されてしまったようです。
代わりに茨交カラーだったキハ223を、譲渡に際し羽幌炭礦鉄道カラーに塗り変えて那珂湊から搬出、陸送されました。


DSC_0085のコピー

これが埼玉の某所で保存されると言う事で撮りに行った次第。
当時は、あまり関東では知られていなかったアチハさんが陸送を担当。
搬入作業は青空の下で行われました。


DSC_0118のコピー

周辺は宅地開発の造成中で、まだ何も無く、その中でクレーンのブームだけが空高く伸びておりました。


DSC_0102のコピー

このキハ22に続いて、その後、様々な車両が保存されており、今ではすっかり有名になりました。
また新たな車両が増えると言う話も有るようで、楽しみなところです。

2009.12.18 元・羽幌炭礦鉄道キハ22-3

【関連記事】
臨海副都心を往くキハ11
 

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 0   Trackback: 0

08 22 ,2016  Edit


Back to top


Category: 東日本地区   Tags: ---

クモヤ193とみずほ

1 1のコピー

検測で田町に現れたクモヤ193。
僅かな停車時間だったが、タイミング良く「みずほ」が隣りを通過して行った。

1987年ごろ 京浜東北線田町駅 

【関連記事】
クモヤ193系50番台

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

Comment: 2   Trackback: 0

08 22 ,2016  Edit


Back to top